今週の運気

七草粥からスタート

七草粥からスタート

本日も、あいかわらずの山羊座が強調された天空ですが、それでも月が牡羊座に入り、気持ち的に何か始まるような気分となります。また、人生を作っていく未来志向の太陽は、今週いっぱい、積極的に社会参加していこういうムードです。
日本では、古くから「若菜摘み」という風習があり、7種の野菜を刻んで入れた「七草粥」を食べることで、邪気を払い万病を除くとされてきています。昨日から仕事始めとなり、ここでお正月も一段落。これからどんどん変化に向けて動き始めていくことになります。
また、牡羊座の月は、夕方頃には天王星と重なるため、個性化や独自性など、突発的に感情が変化していきます。そこで、心は先走りがちになりますが、現実や環境が伴わないため、焦りがでることもあります。でも、立ち止まらないと先が見えないこともありますから、ここで、焦らず自分の心模様をよく見る、感じることが、結局は近道だったと思う日が来ると信じて、今は焦らずに、気持ちを落ち着けることが肝心です。
人によっては、山羊座群と火星の影響を受けて、突発的な行動に出る人もいるため、事故や事件に発展する可能性も出てきますから、焦らず、落ち着いて行動すると良いでしょう。
逆行中の金星により個人主義に陥りやすいものの、水星と重なるので 人間関係は非常にスムーズに進んでいきます。会話は弾みやすく、意思の疎通もやりやすくなります。今週は、やる気も出て積極的に取り組める週となりそうです。

個性化とは価値を見出すこと

先日、韓国ドラマ「馬医」の監督である、イ・ビョンフン氏のインタビューがドラマの特番と共に放映されていました。
そこで、語られていたことは、「自分がやっていることにプライドがあり、価値や意味を見出せないと成功できない」とおっしゃっていました。
これは、天空で起こっている山羊座冥王星と、牡羊座天王星のカーディナルクロスが語る言葉のように感じました。
時代が求めているのは、規制や制約、伝統の中の個性化、集団の中での個人のあり方となりますが、その中の個性化とは、価値や意味を見出すということです。
今後、社会の中で自分をどう表現していくのか、どう社会と関わっていくのかという基準となるような気がします。ここで一度、考えてみるのも良いかもしれませんね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。