占星術女子会&セミナー

占星術女子会~プログレスの月~

プログレスの月から、時代と私のスケジューリングを行う

先日、占星術女子会に行ってきました

今回のテーマは、時期読みを考えるということでした

個人を取り巻く外部環境や時代意識から

人はどのような影響を受けているのかは

個人の出生図と経過図を中心に読んでいきます

 

それに加えて個人の意識が

今、何に向いているのかということを

進行図の月(プログレスの月)から読んでいきます

 

プログレスの月は

一つのサインに約2年少し滞在して

28年かけて全てのサインを周り

個人の社会的な立場を作ることができます

そこで、2年数ケ月ごとに

自分の意識がどこに向いているのか確認し

その時期に合わせたスケジューリングができるようになると

自分の快適な居場所を作ることができます

月が滞在するサインから、7年単位で意識の時期をみると、

牡羊座~双子座:自分を育て、自分自身と向き合う、
蟹座 ~乙女座:他人とどう折り合いをつけて社会生活を送るのか
天秤座~射手座:自分の才能や経験を社会でどう活かすのか
山羊座~ 魚座:自分の資質を社会に貢献して、これから新しい何を始めるのか

という時期となります

それぞれのプログレスの月の配置を知ると

自分の意識はどこにあるのか

今の気持ちや意識は何に向いているのかを比較できます

 

そこからギャップがあれば

自分自身の中で何とか折り合いをつけていく必要がでてきます

 

自身の出生図の月の配置がどこにあるのかによっ

意識として得意不得意がでてきます

例えば、苦手な意識にプログレスの月が配置していると

自分の殻に閉じこもりやすくなったり

社会的に自分一人が取り残されているような

孤独感に苛まれやすくなります

一方、得意な意識にプログレスの月が配置していると

水を得た魚のようにやる気が出ていますので

さらなるチャレンジをしたくなります

仕事や家庭生活、人間関係などに行き詰まりを感じている人は

プログレスの月が

魚座の終わりの月相に入っていることが多い傾向があります

こんな場合には、これまでやってきたことや関係を手放し

次の何かを探す、新たな関係へとつなぐ新しいビジョンが必要です

私達を動かしているのは

いつも自分の意識か原動力です

うまくプログレスの月を利用できれば

自分自身の気持ちに寄り添い

時には折り合いをつけることで自分と仲良くなれすので

人生がうまくいきやすいです

時代に併せて、自分の人生を作っていきやすくなるでしょう

では、寒い日が続きますが、良い週末をお過ごしくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。