新月・満月・季節のエネルギー

蟹座新月(日蝕)2018でカルマと共に人生の書き換え・刷新が始まる 

蟹座新月(日蝕)で心の闇が浮き彫りになる

13日は蟹座新月であり、日食です。

日蝕とは、月が太陽を覆い隠して通貨しますから

「新しく生まれ変わる」意味あいがあります。

テーマは、人生の書き換え、刷新です。

 

今回の新月は、10ハウスで起こり、山羊座冥王星から挑発されています。

山羊座は、春分や夏至のアセンダントでテーマでしたが

今回の新月では

私たちの暮らしや生活、家庭、仕事、社会的な肩書や立場が

クローズアップされます

21度で起こりますから、積極的に何かが創りだされそうです。

 

冥王星と言うのは、破壊と再生の星であり

隠していたものが明らかになりやすい天体です。

現実的な事故や事件として

世の中の深い闇、暴力的なことが出てきやすいです。

また、私たちの心の奥に秘めた思いや感情

苦悩や悲しみ、欲望や野心も現実に溢れでてくるでしょう。

 

今回の満月図の傍らでは、日蝕に関わるドラゴンヘッドが

今年のキーとなる水瓶座火星、牡牛座天王星と

不動宮のTスクエアを作っています。

カルマ的な業や、魂に記憶されている前世の記憶や感情が

ものすごい勢いで、再生されて沸き起こってきやすいでしょう。

 

その他の星周りとしては

蟹座新月に、魚座海王星、蠍座木星による水のグランドトライン

山羊座土星&冥王星、牡牛座天秤座、乙女座金星による

地のグランドトラインができています。

 

この配置は、西日本各地で前代未聞の大洪水、土砂災害が起きたのも

この2つのグランドトラインによる影響もあるかと思います。

 

個人生活では

これまでの価値観や愛情、お金の問題が根底から揺さぶりをかけられそうです。

自分にとって、大事なものとそうでないものが精査され

これから必要のないものは、壊され、暴露されて

自分から終わるか、強制終了という形で終焉しそうです。

 

この結果は、自分が想像できない形で出来上がります。

これまでの生活の延長線ではない

想定外、瓢箪から駒のような、まさかの展開になりそうです。

そこから、本当の自分の希望や夢にチャレンジすることになるでしょう。

 

今回の蟹座新月の影響を強く受けるのは

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座です。

 

自分がしてきたことの結果が、いまだ見えていないかもしれません。

それでも、やればやったなりの成果が出てきますから

ジレンマやイライラが出てきても、投げ出さず

感情に流されずに積極的に自分を押し出しましょう。

 

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は

これまでの自分のやり方では、通用しなくなっていることに気づく時です

そろそろ、自分だけの価値観ではなく

自覚していない他人の価値観も取りいれましょう。

 

双子座、乙女座、射手座、魚座は

自分の才能や資質、存在価値を他人の判断に委ねるのではなく

自分がどうしたいのかハッキリさせる時期です。

 

では、13日の新月前後には

どのような感情が浮かんでくるのか

感じながらお過ごしくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。