新月・満月・季節のエネルギー

【2018年魚座満月】手放しと浄化で現実化が加速を始める

魚座満月のテーマは手放しと浄化。終わりと次の始まり

26日は魚座満月です。

魚座は12サインとの最後のサインですから

テーマは、手放しと浄化。終わりと次の始まりです。

 

今回の満月図では、太陽、土星、天王星を含む地のグランドトラインが満月と重なり

カイトという形を作っています。

これは、執着やこだわり、古い価値観を手放して、これからの目的や目標といった目指すものに

シフトさせるパワーがありますから、いつもよりもパワフルな満月となります。

 

また、7月から始まったトリプル蝕を終えて、今回の魚座満月で一連の流れが終了して

次の乙女座新月からは、新しいエネルギーに切り替わります。

停滞していたものは、これからどんどん動きだしてくるでしょう。

 

そのエネルギーの波に乗るために

乙女座太陽、山羊座土星、牡牛座天王星の地のグランドトラインの

現実化のエネルギーは、9月10日の乙女座新月にも加わります。

また、28日からは、火星も順行に戻りますから

これからは現実化の流れが加速していくでしょう。

 

これからの1ケ月間は、現実的にできることを考えるように意識がシフトしていきますから

思ったことは行動することで

願望が叶ったり、何か目に見える形になったり、手応えが出てくるでしょう。

やったら、やっただけの成果を手にするためには

足を引っ張る不要な思いや心配事は手放しておきましょう。

 

明日からは、お部屋の整理整頓と浄化、自分自身の感情の浄化もしておくと

新しいエネルギーやひらめきが入ってきやすいでしょう。

 

では、明日の満月エネルギーを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。