タロットリーディング

【タロットレーディング】職場の人間関係、上司とその上司の間の板挟み状態で困っています①-30代女性-

相談者

今のアルバイトを続けて5年になります
融通がきくので気に入っていますが

私の発言が問題となり
現場経験が少ない年下上司と、地域の統括リーダーとの間で
どうしたらいいのか困っています

 

発端は、年下上司より、現場経験が長い私に
「何かあったら言って欲しい」と言われた ので
現状と改善点について話しました

 

ところが、そのあと
いきなり、統括リーダーから電話があり
「自分の立場をわきまえず、色々と言うのは
でしゃばりすぎ」と、叱られました

おそらく、年下上司が、私が言ったことが負担だったのか
あるいは、彼女のキャパを超えたのか、わかりませんが
統括リーダーに何か言ったのだと思います
こんなことがあったのに
年下上司は「何かあれば私に言ってください」と
同じように、何食わぬ顔で言ってきます
「何かあれば言え」と言うから言ったのに
その上のリーダーから、キツくクレームをつけられて
私が悪者になるのは、納得がいきません
同僚たちは
「私の方が正論を言っているから、何かあれば次回は、代わりに言う」
と言ってくれていますが、それでもショックです
現場経験が少ない年下上司を信用できないし
統括リーダーは、キツイし
今度のことで、とても傷つき悲しくて、しばらく会社を休んでしまいました
この人たちとどう付き合っていけばいいのか、わかりませんが
本音としては、融通がきく会社なので、この仕事は続けたいです
もしかすると、この職場を追われるかもしれなくて心配です

フミコ

板挟みは、辛いですね

まず、どういうことなのか
お仕事についてカードを引きますね
出てきたカードは
相談者:ワンドキング
年下上司:ソードナイト
統括リーダ-: カップナイト
今回の出来事:世界逆+節制


過去から予想される未来への流れ
カップ10 ワンド5 カップ4
職場内の序列では、統括リーダー→年下上司→あなたの順ですが
現場経験が長いあなたは、決断力があり、頼れるリーダーのようなので
見ない力関係は、あなたが上ですね

 

年下上司は、自分の目的達成しか見ていない
気に入らないと他人を傷つける人です

統括リーダーは、堅実で保守的ですが
腰は重く、現状維持が一番です
相談者
そうです
年下上司は、「結果が全て」といつも言っていますし
同僚たちは、私が頼りになると言ってくれています

フミコ

それでも、年下上司が来た頃は、仲良く平和だったようですが
時間がたつと、皆が「こうしたい」という
思いや意志が出てきて、ぶつかっているんですね
ですが、この先の可能性としては
納得してないけれど、気持ち的に落ち着いて
現状維持になりそうです
あなたにとっては
今回の出来事は
ここで終わりではないけれど、 このような体験をすることで
どうすることもできない理不尽さや口惜しさを受け入れて
あなたが 変わっていく時です

心配しなくても、今すぐクビになるとか
あなたから辞めるということはなさそうですが
あなたの中で、何か教訓というか、思うこともあったと思います
やるべきことは
年下上司に、気を配りながら仕事をこなし
自分が、夢中になれるものを探していかれるのはどうでしょうか
例えば
より高等な学術的なことを勉強したり、海外や語学を習うとか
相談者
大学院に行こうと思ったこともありますし
外国語を勉強しようと思っていました
海外に行ったことはないけれど、興味はあります
ですが、体力的に続かず、どれも中途半端です

フミコ
そこを、もう少し深くみてみると

今のあなたを表すのに
重荷というカードがでました
老婆と鶏を背負って、へとへとになった男性が
老婆に山を登るように指示されています

この男性は、あなたを表していますが
背負っているのは誰ですか?

相談者
年下上司と統括リーダーだと思います

フミコ
辛い状況ですよね
この状況をやめるには
「崩壊」カードがでています
既存概念が崩すこと
こうしなければならないという枠を外す
一見、大事なようでも、本当はそうでもないものを
手放すこと
何に気づき、何を手放すのかを知るには
「内側に入る」というカードがでました

たくさんの顔が、女性を取り囲んでいますが
女性は微動だにしません

静かに座り、自分の感情だけをみています
まわりの評価や批判に耳を貸さないし、
それを自分だと思い込まない

自分の中に、豊かな世界を持つこと
起こる出来事に巻き込まれずに
ショーとして、見守ることです
この女性がしていることを、あなたがするのです!

これらをしたらどうなるのか?
「比較」がでました
竹とオークが並んでいます
それぞれに良さがあるので、違うものを比較することは
意味がありません

同じように、あなたも
他人と自分の能力を比べ、優劣をつける必要もないし
他人の評価や、社会の価値観に縛られることもありません
それよりも、自分の価値観を持つことです

相談者
確かにそうですね

次回に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。