個人の適職と才能や能力の探し方

12ハウスに冥王星、海王星、天王星を持つ人が楽に生きる方法

12ハウスと冥王星、海王星、天王星の影響

このところの鑑定依頼では、12ハウスに、天王星、海王星、冥王星の

いずれかのトランスサタニアンが入った方が多いので

12ハウスのトランスサタニアンの影響についてシェアできればと思います。

 

ホロスコープが示す自分自身を意味する1ハウスからは

6ハウス、8ハウス、12ハウスは

インジェクトと呼ばれる150°や隣のハウスに位置しますから

自分からは見えづらいため、意識しづらいハウスになります。

 

そのため、6ハウスは物質的に、8ハウスは心理的に

12ハウスは、その両方が思うようにコントロールできないハウスです。

 

12ハウスは、現実の中では、何かを幽閉するように閉ざされ

自我を超越した心、潜在意識、宇宙意識

現実から切り離され魂の世界や感覚、非現実の世界

精神的なテーマを追求することでもあります。

 

1ハウスから11ハウスまでを現実とすると、12ハウスは非現実ですが

私たちは、意識を保ったままアクセスすることはできます。

 

そんな12ハウスに天王星、海王星、冥王星が入っていると

無意識の領域から、次のような作用を誘導して自己喪失させ

他人の影響を受け入れてしまうので、人格を失ったりします。

 

天王星は、理不尽な状況が招く衝動と憤りからの反発

海王星は、輪郭を曖昧にし、夢、幻想、妄想を抱かせる

冥王星は、0か100、破壊と再生を促す

 

12ハウスに冥王星、海王星、天王星を持つ人のゴール

12ハウスに、冥王星、海王星・天王星を持つ人は

自分では、その正体や原因を自覚しづらいのですが

漠然とやってくる不安や衝動、苦しみがあります。

 

人によっては、極端な思考に陥り、日常生活を送るための健全な自我を持ちづらく

無意識からくる強迫観念やひらめき、幻想や妄想の世界に引き込まれ

時に誇大妄想にまで取り憑かれ、両親や特定の権威者、宗教に洗脳されたり

精神病や薬中毒にまで発展することもあります。

 

ですから、12ハウスにトランスサタニアンを持つ人は

幻想、妄想、嗜癖、自暴自棄により自己犠牲をせずに

日々の生活に必要なことを行い、自我を超えて

社会や誰かのための奉仕活動や修行、芸術活動

スピリチュアル分野で、湧き上がる感覚を体現していくことがゴールです。

 

人と生活習慣や人生を比較したりすることは無意味で

世間でよしとされる企業に勤める OL業には、不向きです。

 

12ハウスに冥王星が入っている人の処方箋

12ハウスに冥王星を持つタイプの人は

家系の中の触れられたくの問題があったりします。

 

同時に、本人は無意識ですが

普通の人が気づかない、隠された物を暴き出す能力を持っています。

 

体感するためには、極限のギリギリの状況まで自分を追い込むことで

活性化させることができますが

時限爆弾を12ハウスの中に持っているような状況です。

 

人によっては、前世からのカルマと自己暗示をかけて

両親からの虐待を受け入れたり、献身的に介護をして

自分の人生を犠牲にしている人もいます。

 

これをコントロールするには、冥王星の支配性である火星と

火星が入っているハウスを体感する事です。

 

冥王星の破壊と再生を防ぎ、0より100を得るには

火星が持つ情熱や怒り、競走して勝ち取る力、行動力を

DV被害者支援、動物愛護など社会的な弱者や

自分が許せないと思う事象に対して、支援やサポートをしてあげると良いでしょう。

 

寄付よりも、ご自身が実際に悲惨な状況を見て、何かを感じて

世の中の理不尽さと戦うことで、火星が活性化されたりします。

 

火星を燃やすことが、自分を助けます。

 

12ハウスに天王星が入っている人の処方箋

天王星は、70才以上の高齢者として当てはめることができますが

それを12ハウスに持っていると、普段は自覚できなくても

突然沸き起こる衝動に振り回されるか

自分や他人が抑圧的な状況に追い込まれることからくる憤りが爆発して

上司や社会に対して反発し、突然会社を辞めたり、活動を放棄します。

 

コントロールするには、水星を使いながら自発性、独自性を発揮することで

状況の急転換や暴発を防げます。

 

天王星の衝動性や理不尽からくる憤りによる抵抗を防ぎ、自由と快適を得るには

能動的に「私が選択」するを、意識して独自性を出します。

 

水星を使って時代に必要な意識を引き出し、新たな価値をつくる必要がありますから 

情報収集や SNS を利用して時代感覚を受け取り、未知の世界に自分を押し広げて

独自の感覚を獲得することです。

 

12ハウスに海王星が入っている人の処方箋

12ハウスの基本星座は魚座であり、その支配星は海王星ですから

12ハウスに海王星があれば HSP タイプになります。

(※HSPとはハイリー・センシティブ・パーソンの略で

視覚や聴覚などの感覚が敏感で、繊細な感受性を生得的に持っている人)

 

海王星は、脳にある小さな内分泌器である松果体(第六感)を司り

目に見えない情報やエネルギー、波動をキャッチするため

表面的な言葉や表情より、行動や言葉からくる波動やエネルギーを敏感に感じとります。

 

無意識に空気を読むので、疲れやすく、傷付きやすいのです。

 

また、海王星は玉石混交の世界を見せるので、受け取り方次第で

美しい耽美な世界を見ていたつもりでも、実際は醜悪なものだったという

「耳なし芳一の世界」に陥らせることもありますから

確信の持てる直感や正夢 から、何らかの利益を得られるかどうか

自分のフィルターを磨く必要があります。

 

コントロールするには、金星を使うことですが、自発的に頑張らず

受け身的に楽しむだけで、棚ぼた的なラッキーもあり得ます。

 

海王星の良いイマジネーションを受け取るためには

楽しく過ごせてこそ得られるので

「頑張ったから良いことがある」という発想で

自分を抑圧したり、辛抱させるような「自分いじめ」は、悪影響です。

 

また、欲を出したり、利益を計算する、合理的性を追求すると

詐欺にあったり、得体のしれない人物が近づいてきますから注意してください。

 

12ハウストランスサタニアンの力を引き出す方法

12ハウスに入っている、トランスサタニアンの影響から

自己犠牲せずに、日常的にトランスサタニアンの力を引き出すには

12ハウスから得られるイマジネーション(感動したり、憤ったりする心が動く事象)

を具体的な価値あるものへと転換する必要があります。

 

基本、魂が喜ぶような ことをすれば良いのですが

それぞれの天体のサビアン度数をヒントにして

精神的なテーマを拾い、アスペクトがある天体(太陽、月、水星、金星、火星)を

利用して行動することで

12ハウス的価値を取り出して、日常生活に使うことができます。

 

ただし、現実的形な利益を目論んではダメで

純粋に奉仕することが、12ハウスを体現することになり

トランスサタニアンが持つ無限の供給力と繋がり

「損して得取れの奉仕精神」が、結果的に豊かに生きていくことに繋がります。

 

また、次のことを利用するのも有効です。

  • 12ハウスカプスの支配星と、それが入っているハウスを使う
  • 12ハウスと真逆の6ハウス的な行動をする

 

作家、作曲家、アーティスト、ダンサー、歌手など

他人に感動を与えられる人は、12ハウスからのイマジネーションを

利用して形にしています。

 

私はアーティストではないからという人は

自分が感動したことや憤ったこと(他人にぶつけてはだめです!)を

思い出して、ブログやSNSなどに転換してみるのも良いでしょう。

 

これらがピンとこない人は

眠る前に、祈ることを1ヶ月続けただけでも

現実が変わって来ますから体験してみてください。

 

芸術や奉仕活動を通して、霊的な自分と対話ができたり様々な無形の利益が得られます。

おしまい

ご自身の適職、核となる本質、この先の方向性など知りたい方は

下記よりご連絡をお願いいたします。

下記のEmailか、お申込みからご予約をお待ちしております。

 

(現在は、スカイプ、ZOOM、メール鑑定のみですが要相談です)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/
(お申込みはこちらから↑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。