個々の天体の影響

「私には何もない。。。死にたい」と思ったなら、それは冥王星の影響かも!

絶望体験は、冥王星の仕業であなたのものではない?

今現在「私には何もない。。。」「死んでしまいたい。。。」と思いながら、涙しているなら

あなたは、冥王星の影響を受けているのかもしれませんよ!

 

しばらく、現実を受け入れられるようになるまで、深いトンネルの中にとどまっていましょう。

無理に笑う必要も、カラ元気でいる必要もありません。

 

どんなに長期間、絶望の淵に立ち、悲しみに打ちひしがれていたとしても

人は必ず、何かをきっかけに前を向けるようになります。

時間だけが、あなたの心を癒してくれるからです。

 

今はそう思えなくても、生きているからこそ感じられる

喜びや楽しみを味わえる時が、必ずやってきます。

 

そういう私も過去には、沢山の経験をしてきました。

そりゃあ、人生半世紀以上生きていれば、色々やってくるものです。

 

リストラ、パワハラ、親友の死、母親の死、仲の良かったいとこの死

ペットの死、恋人との別れ、自身のケガなど

この5年間で、たくさんの苦しみ、悲しみ、別れを経験してきました。

 

母親が亡くなった時は、もう頼れる人が誰もいない という孤独感がが高まり

「死にたい」と思う毎日でした。

地下鉄ホームに電車が入ってくる時、横断歩道の信号待ちの時

真冬の川の横を歩く時は、「飛び込んだら、、、辛さから解放されて、楽になるかな」と思っていました。

 

それでも、何とか生きて来られたのは

一人暮らしなので、会社に行かねばならないという義務感と

悲しみを共有できる弟がいたこと

母親の形見でもあるペットに対する責任感から 、「生きる」ことが選択できたのです。

 

人は誰でも、 友人、同僚、恋人、家族など誰かと繋がっているという感覚がないと

生きていけません。

 

人生が 崩壊したと感じるような出来事、根底から何もかも奪われたような体験

自分ではどうにもならない、失いたくない、守りたい人やモノを壊すのが

冥王星という天体の影響です。

 

深い悲しみや孤独感は、時間だけが解決してくれる

年齢や性格、感じ方によっても異なるけれど

人は、家族や恋人、友人、職場や学校の人間関係、ペットとの関係を通して

愛し愛される関係性や信頼関係を築き、相互依存しながら生きています。

 

夫婦や親子、友人、ペット、やりがい、人生哲学や信念、目標や信仰心など

この人がいるから、これがあるから「頑張れる」というように

あなたを動かす原動力や拠り所、生きがい、心の支えがあるから

生きているという人も多いかもしれません。

 

ですが、物事や関係性には、「始まりがあれば、終わり」がやってきます。

時間という時の流れの中では、出会いや喜びがあれば

病気や怪我、リストラや倒産、恋人や家族との別れ、ペットの死

慣れ親しんだ職場を離れるなど、別れも経験するのです。

別れというのは、予兆がある時もあれば、突然失うこともあります。

 

人は、覚悟はしていても、目の前から自分の大切なものや人を失うと、心の拠り所がなくなり

亡くなった家族や、友人、ペットに会いたくて

失くしたモノを惜しみ、恋しがり、寂しく

心に大きな穴があいて、現実を受け入れられないのです。

 

深い孤独感と悲しみを前に、どうすることもできず

出口のない深いトンネルに入ったように動けなくなり

人生を前に進められない状況に陥ります。

他人の笑顔が眩しく、周りが幸せそうに見えて

自分だけが絶望や不幸のどん底にいるような感じです。

 

何もする気になれず、ただ失くした人やものを恋しがり、食べることもできず

人前には出たくない状況となり、体に不調が出て、涙に明け暮れる日々を過ごし

孤独感や虚無感から、「死にたくなるような」気持ちになることもあるでしょう。

「自分には何もない」心が空になってしまうのです。

 

孤独感や虚無感、喪失感は、人によって感じ方、受け入れ方は異なるため

大事な人との別れを、引きずる人とそうでない人が出てきます。

失いたくない、失くすと痛い箇所に影響を与えるのが、冥王星なんです。

 

冥王星の正体と人生に現れる目的とは?

冥王星は、宇宙の中で太陽から数えて、9番目のところにある惑星で、公転周期は248年。

1つのサインに14年~16年も居座るので、世代によっては同じ価値観を共有することになり

普段、私たちが意識していない集合的意識、潜在意識でもあります。

そんな意識にアクセスしてきて、役に立たなくなったもの、変えるべきポイント

を狙ってやってきます。

 

現実的には

冥王星は、私たちの心の中の恐れや不安、心の闇を察知すると

怪我や事故、病気、手術、大切な人、仕事や財産を失うような出来事として現れたり

支配者や権威者として、目の前にパワーバランスを展開してきます。

 

冥王星の目的は、人生を破壊する出来事を体験させることで

私たちの価値観を変容させて、自分と他人とのパワーバランスを考えるように促すのです。

 

そして、その体験を乗り越えられないと、トラウマとして心に大きな傷を負わせるか

生死をさまよう、誰かの支配下で生きるような状況を作り出します。

 

いわば、無意識で引き寄せた大きな変容に「勝つか?負けるか」試されているのです!

 

影響を受ける人 は、「死の存在」を意識させられるような体験を経て

そこから「生きる」ことを、改めて考えさせられるので、人生観が大きく変わります。

 

この影響こそ、冥王星の力、0か100、物事を根底から覆し、破壊と再生の威力です。

 

また、1つのサインに、長期にわたって居座るので

人によっては、人生に強い影響を及ぼす配置に巡り合わない人もいます。

 

トランジットの冥王星の影響を乗り越える

トランジットの冥王星は、生き残るために「力を得るか失うか」

人生を大きく左右するような出来事や試練に遭遇させます。

 

個人のホロスコープでは、トランジットの冥王星が

ネイタルチャート上にある太陽、月、AS、 MCに触れると

人生に影響を及ぼします。

 

これは、私が深い喪失感で心が空っぽになった時のチャートです。

 

三重円の内側が、持って生まれた運を表すネイタルチャート

2番目の円が、意識や心境を表すプログレスチャート

3番目の円が、外的な要因を与えてくるトランジットチャートです。

 

個人の気分や心境を意味するネイタル月に対して、トランジットの冥王星と土星が

オーブ5度以内の範囲で重なっています!(上の赤丸で印した箇所)

この配置こそ、大きな喪失感、孤独感、絶望感を与えてくる、冥王星アタックです!

 

さらに、個人を動かす動機ともいえるプログレスの太陽が

ネイタルの冥王星に重なっている(下の赤丸で印した箇所)ので

無意識的に、人生を「破壊と再生」させて、価値観を変えようとする再構築状態です。

 

大きな喪失感に陥ったのですが、その理由は

GW4/25日に、バイク事故で首と肩の捻挫、同時に彼が去り

6/5に愛猫の死

という、ケガ、別れ、愛猫の死という、肉体的、精神的な3つの苦しみを経験して

身体も心もボロボロな状態でした。

 

当時、会社や鑑定では、普通にしていましたが

帰り道で信号待ちをする一人の時は「飛び込もうか!」と走る車を目で追っていました。

悲しみ、孤独感から楽になりたかったのです!

 

毎日、気持ちはどんより、深い暗闇、トンネルの中に入っている実感があり

出口があるのかないのか、そんな状態が1ケ月半続きました。

 

そんな中、出勤途中に雨で自転車が滑って転倒し

左の手の平、肘、膝をついて、アスファルトの上に叩きつけられました。

薬局に飛び込み、左手、肘、膝を血だらけにして入り、びっくりされながら

トイレで、傷を負った血だらけの箇所を手当をしながら、思ったのは、、、

「骨折、捻挫しなくてよかった!」「私は、死にたくなかったんだ!」と目が覚めた瞬間でした。

 

どんより、深く暗いトンネルから抜けたのです。

ケガによって、死の疑似体験をしたからこそ、再生が始まったのです。

これが、冥王星体験です。

いつの間にか、私の人生は、自分ではなく、彼と猫で埋めていたのです。

他人が強くて、自分は弱いという人生だったのです。

 

冥王星の取り扱い方

私と同じように、もしも、あなたが、自分の人生を恋人や家族で埋めている

自分のためではなく、他人のために生きている人生なら

冥王星の影響により、人生は破壊され、何もかも失い、奪われるような絶望的な体験をするかもしれません。

 

その体験は、精神的ダメージが大きく、喪失感、絶望感、孤独感が襲ってきます。

全てを失い途方に暮れながら、長いトンネルの中でさ迷い、出口が見えないような感覚に陥ります。

 

心の中が空っぽ、人生に何も残っていないと感じていても

やがて、何かの出来事をきっかけにして、目が覚める時がやってきます。

「新しい何かが再生される」のです。

 

ですが、冷静さを失い、失い途方に暮れて、長いトンネルの中に落ち込んでいると

出口が見えない時もあります。

 

人にはそれぞれ、生きる人生のテーマがあります。

自分の中のテーマをクリアにしないと、生涯関わってくるので

同じような出来事を引き起こします。

 

ですから、冥王星の罠にひっぱられないためには

自分らしさ、自己価値を意識しなければなりません。

 

そこで、意識してほしいのが

1.自分は何を恐れ手放すのが怖いのか

2.自分は他人よりも劣っている、何もないと思っていないか

 

この2つの思いが、冥王星の破壊を引き寄せて

あなたが「力を得るか失うか」を左右するような出来事に遭遇しやすく

他人や出来事を起こし、あなたの存在価値を脅かすような体験をさせることで

古傷と向き合うようにさせます。

 

あなたが、自分に負けずに生き残るためには、意識を変えておく必要があります。

 

  • 他人と自分を比較して、自分は劣っているとか、何も持っていないと思わない
  • 他人の存在が重要で、自分は取るに足らない、何もできない人間だと言わない
  • 他人の存在価値の方が、自分よりも必要だと思い込んで、他人の基準や規則で自分を測らない

 

世間目線、他人と自分を比較して羨む人生ではなく

あなたにしかできないことを探して、あなた自身が自分を磨いていくしか方法はないのです!

 

「私は私」何者にもなれないと自覚して、自分が持つ価値観や 自分らしさを大切に育てましょう。

自分は、「何が大事で、何が好きで、何を望んでいるのか」自分の欲求に気づくことです。

 

自分のことが、よくわからない人は、私のところに来てくださいね。

https://fortune-teller-fumiko.com/request/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。