仕事とは

仕事運アップの方法!現状を好転させる7つの秘策とは

仕事運アップの方法!現状を好転させる7つの秘策とは

私は、長年社会人として働き続け、5回以上の転職をしながら

自分に合う仕事や仕事運アップについて悩んでいました。

 

中でも、転職支援会社でリクルーターをしていた時には

600人の転職相談をしながら、転職できる人と、そうでない人をみてきました。

 

現在、占い師として仕事に関するたくさんのお悩み相談を受けていますが

仕事運がないと考えている人たちの共通点が見えてきました。

 

個人の仕事探し、リクルーター時代の転職相談経験、占い師として仕事運のお悩み相談をうけながら

どうすれば仕事運がアップさせられるのか考え、自分でも色々と試してきました。

 

この記事ではそういった知識や経験をふまえて、仕事運をアップさせる方法についてお話していきます。

 

あなたはなぜ自分に仕事運がないと思うのでしょうか

では仕事運を上げる方法を話していきたいのですが、

その前に1つだけ考えてほしいことがあります。

なぜ、自分に仕事運がないと思うのかについてです。

 

  • どうして、私はいつも、ついていないの?
  • あの人ばかりが、上司にひいきされるの?
  • あの人は、運がいいの?

 

仕事をしていると、このようなことはよくありますよね

「自分だけが損をしている、ついてない、一番不幸」

そう感じることもあるかもしれません。

 

ですが、本当にあなたはついてなくて、仕事運がないのでしょうか?

自分には不幸に感じられることが、他人にとってはそうでないかもしれないし

逆もあり得るのです。

 

運は絶えず変化して、あなたの受け止め方次第で結果は変わるのです。

つまり、あなたの欲望が満たされれば幸運で

そうでなければ不運とあなたが決めているだけかもしれないのです。

 

あなたが「仕事運がない」と思う基準は何ですか

そう考えると、なぜ自分には仕事運がないと思ったのだろう。

そう思えませんか?

 

なら、あなたはなぜ仕事運がないと思うのでしょうか?

そう思う根拠や、本当にそうなのか検証してみましたか?

 

一時的についていないのか、働き始めてからずっとそうなのか。

まずは、これまでのことを振り返り、「なぜ自分はそう感じたのか」書き出してみると

仕事運について何か見えてくるかもしれませんし

「意外と自分は仕事運がないわけではない」と 思えるかもしれません。

あるいは、仕事運がないというよりも、思い込みや考え方の問題だったのかもしれません。

 

なぜなら、世の中には、運やコネや親の援助がなくても、苦境をバネに一念奮起した人が

たくさんいるからです。

  •  小学校しか出ていないのに金持ちになった人
  • ネットを利用して独立した人
  • コツコツと努力の末に社長になった人

 

私のまわりにも、そう言う人がいます。

派遣社員として、金融業界のトレーダーアシスタントを始め、怒鳴られながら業務を覚えて

その後正社員としてトレーダーとなり、今では複数の不動産を所有しながら

金融業界で活躍しています。

その秘訣こそ、「自分は運が良い」という信念哲学だったのです。

 

※私の知人に起こった実際のお話です。

ご興味がある方は読んでみてください

【潜在意識の力1】ポジティブな事を信念にして生きる

 

このように、はたから見ると運が悪いとしか思えないような人生を歩んできた人でも

成功できる人は成功しています。

 

まずは、運をアップさせたいと考える前に

自分はどういうときに「運が悪いと思う」のかを確認することから始めるとよいでしょう。

そうすれば、自分の考え方を少し変えるだけで、仕事運について好転する可能性がでてくるからです。

 

仕事運が悪い人には一定のパターンがあるのです

とはいえ、やはり本人が気づいていようと、気づいていなかろうと

運が滞るような考え方や志向の人もいます。

それはこのような人達です。

 

  • 「私なんか」「コネも学歴もないから」と自己否定している人
  • 「自分は幸せになれない」と思い込んでいるネガティブ思考な人
  • 「どうせやっても無駄」諦めムードで現状を変えない頑固な人
  • 「こうしたいけど、なかなかできない」と口先だけで理由をつけて、行動しない理想主義者

 

この人たちは、自分を変えず、他人を批判するだけ、口先だけの理想が高く、行動しない人達です。

ですから、運が動かないまま停滞してしまっています。

あなたも、このような考え方に少しでもおちいっていませんか?

 

運の正体とは

ここまで色々お話してきましたが、結局運というのは、自分自身の物事の捉え方、考え方なのです。

運というのは目に見えないけれど、私たちの周りに流れていると言われていますので

目に見えない力として働くこともあるでしょう。

 

人の欲望には、食欲や性欲、金欲、権力欲、自分が認められたい承認欲、何かを創りたい欲などがあります。

もしかすると、本当は、仕事運を通して他の欲望を満たしたいのかもしれません。

 

運がよく見えるあの人は、一時的にチャンスが来て、その流れに乗れただけかもしれないし、

あなたは、チャンスを掴めなかっただけかもしれません。

 

ですが、このチャンスを掴めた人は、掴むために考え、行動したからこそ、良い結果を得られたのです。

つまり、昔から人の運は平等と言われているように、運によって起こる出来事はほとんど変わりません。

 

この出来事に対して自分がどのように運を捉えて行動するかが違うので、得られる結果が違うだけなのです。

もちろん、欲しい結果を手にするためには、不運と感じたら、運がアップするための準備や段取りをして

最後は、天や神様といった見えない力の運に任せることも必要でしょう。

 

ですがほとんどの運とは、本人の選択と行動、性格が結果や環境を生み出しています。

その結果、運が悪く感じるというだけで、実際そういう研究結果も、イギリスでは出ているのです。

 

イギリスの心理学者リチャード・ワイズマン博士は、数百人にアンケート調査を行い

実験やデータから「運のいい人、悪い人」の特徴を述べています。

「運がいい人は、いい運に恵まれるように考え、行動している」とその法則を述べています。

このような研究などにもあるように、やはり運が良いということは、出来事の捉え方や考え方で

決まるということを裏付けているのです。

 

他にも、科学的に運の良さを研究した例もあります。

脳科学者の黒川伊保子先生は、脳科学の観点から「脳が良い人は運がいい人」ということを検証しています。

 

「運がいいと言われる人たちは、脳の神経回路が健全に機能しているから、世の中をしっかりと感知し

潜在意識が情報を取捨選択して顕在意識に伝え、自分の脳に必要なものだけを見極めている。

潜在意識が活性化して、顕在意識に伝えやすい人は、直感が鋭く、掴みがいい脳であり

その究極が運がいいと言われる人の脳」とのことです。

 

つまり、運をよくするためには、脳を活性化させる必要があり、そのためには脳を休ませるために

十分な睡眠をとり、栄養のある食事と適度な運動が必要ということです。

 

私は、早寝早起きと週5ジムに通っているので、周囲の人からは

「いつも元気で運が良い」と言われています。

そのおかげなのかはわかりませんが、ピントきたら、すぐに行動や実行に移しているので

欲しいと思っているものが貰えたり、買えたり、行列ができる人気店に並ばずに入って食事をしています。

要は、決断が速いので、意図したことが叶いやすく、失敗しても取り返しがつきやすいからかもしれません。

 

潜在意識を活用して仕事運をアップさせる方法

「あれが欲しい、これも買わなくちゃ」と、思って忘れていると

数日後には、誰かがそれをくれたり、検索していて偶然、安く見つけるようなことはありませんか?

また、ある人のことを考えていたら、偶然連絡が来たり

その人の消息を知るようなこともあるかもしれません。

 

ふと思ったことは、潜在意識に伝わり、叶いやすいのです。

「普段、私たちが意識している意識は顕在意識と呼ばれ、氷山に例えれば

海の上に顔を出している一部分であり、海中に沈んでいる氷山こそが

潜在意識で意識の大部分を占めています。

この潜在意識の部分は2層に分かれ、生まれてから現在までの個人の経験から構成された

個人的無意識と、個人の枠を超えて全ての人間に共通の無意識領域である集合的無意識があります」

と、心理学者ユングは人の意識を氷山に例えて解説しています。

 

またマーフィー博士は、「眠りながら成功する」というベストセラー著書の中で

願望や夢を叶えたり、成功を手にするためには、潜在意識に願望を刻み込むと効果的であると言っています。

 

要は、あなたが無意識に思っていることが、あなたの潜在意識に届くと

潜在意識はあなたの思いを叶えるために集合意識にアクセスして

願いを叶えるために必要な考え方や行動を無意識にとるように促し、あなたの人生を創っていくのです。

 

ですから、潜在意識が活発に活動すると

以前のあなたが見て、感じて、何とも思わなかったことに興味が出てきたり

今まで見逃してきた情報が取れるようになり、モノゴトに対する見方や捉え方までが変わってきます。

また、願いを遂げるために、対人関係に関しても積極性が増すので

好感をもたれる人柄に変わっていったりします。

 

こういった一連の流れがあって、頭で考えてどうにもならなかったことが

潜在意識を利用すると、以前の自分では考えられなかった言動や行動ができるので

ラッキーな出来事に遭遇しやすくなり運がアップしていきます。

積極的に潜在意識を活用して行動すると、運をアップさせたり

自分の夢や願望を叶える大きな助けになるというわけです。

 

仕事運アップのための7つの方法

ここまで、運が良いということは、物事の捉え方や考え方であるという話をしてきました。

では、ここからは日常生活の中で、自分で簡単にできる仕事運をアップさせるための7つの方法について

解説していきます。

 

①から順番にやっていくと、気持ちの変化がでてくるでしょう。

 

①部屋の掃除と片付けで思考の整理

身なりや部屋の状態は、その人の脳の状態が投影されていることが多く

「現代人は、心と体のバランスが取れていない人が多く、掃除をすることは

バランスをとることに役立つ」と脳科学者は言っています。

 

また、「掃除や片付けは、体を動かし無心になれるので、くよくよしたり、あれこれ考える

負のスパイラルを断つことができる」と医師も推奨しています。

 

私は、月経前になるとイライラしたり、感情が高ぶることがあるのですが

そんな時には部屋の掃除と断捨離をすると、感情の揺れが収まり

モヤモヤがスッキリ消えていることが多いです。

 

②口癖を変えて人生を変える

昔から「言葉が人を創る」と言われていますが、言葉一つ一つには力が宿っていて

よい言葉を使えばよい言霊となり、悪い言葉を使えば悪い言霊となり

言葉を発する人に影響を与えるからです。

 

ですから、他人に向けた心無い言葉は、他人と自分を区別できない潜在意識が

あなたに影響を与え出来事としてあなたの身に起こります。

良い運を引き寄せたいのなら、「運が悪い、ついてない」から「運がいい、ついてる」に口癖を変えましょう。

実際、外出前でばたばたしている時に、忘れ物をして「あっ最悪!」っと言ってしまった後に

さらに最悪を証明するようなことが、よく起こります。

 

また、「いい口ぐせがいい人生をつくる」と、作家の佐藤富雄氏が語るように

使う言葉があなたの潜在意識にインプットされると、現実に反映してくるのです。

 

あなたが、もしも運が悪いと思っているなら、あなたは運が悪い前提で人生を創っている可能性があります。

それは、無意識のうちに、自分に「運が悪い」という言葉の呪いをかけるような口癖を使っているからです。

 

まずは、口に出している口癖を気にしてみると良いでしょう。

そして「自分は運が良い」と思う前提に人生に変えるためには、口癖を変えることから始めるとよいでしょう。

 

③自分へのダメ出し、自己否定をやめる

他人と比較して「自分は劣っている、他人を羨ましい」と思っても、その人になることはできません。

自分にダメ出しをする人は、あれができない、これがない、こうなっていないから、誰かに言われたから

と何か理由をつけては、自分はダメだと決めつけます。

 

また、自己肯定感が低い人は、不足や小さなことにこだわり、何かダメな理由を作っては

自分にダメ出しをします。

脳は、一旦仮説を立てるとそれを実証しようと証拠集めを始めるので、ダメ出しをすると 証拠を作り始めます。

ですから、他人に褒められ、物事がうまくいく可能性があったとしても

自分がダメ出しをして結果を決めているのです。

 

この仕組みは、ダメが前提で物事を見ているため、マインドがそう出来上がっています。

他人に褒められても、うまくいく可能性があっても、結果を自分がダメにしているのです。

 

このように自分にダメだし、自己否定が強い原因として考えられるのは、幼少期に両親や教師といった

大人からダメだしをされたり、兄弟と比較された劣等感、褒められる体験の少なさからくる

人的な環境要因が原因です。

 

ですが、これらは自分で変えることができます。

他人と比較することをやめて、できない自分を認め、そこをできるように頑張るか

別の得意な才能を磨いて自信につなげるかのどちらかです。

 

これができると自分の人生を創ることに忙しくなるので、他人が気になりません。

また、自分が頑張っているので結果に対して、以前ほど執着しなくなるでしょう。

 

ですが、それでも自分へのダメだしがやめられない人は、そんな自分を許すことから始めると良いでしょう。

「ダメだしをする私を許します」と口に出すだけで、やがてダメだしをする自分から解放されるでしょう。

 

④成功イメージと現場確認でセルフイメージを高める

人生が思い通りにならないと思っていると、そのような人生を引き寄せてしまいます。

イメージが高い人と低い人では、叶う夢や手にするものに差がでるのです。

セルフイメージとは、ただの思い込みですが、その事柄を自分が思い込み、信じることによって

イメージしたことが現実になってしまう可能性があります。

イメージが正しいか正しくないかは関係なく、思い込みこそが人生を決定付けるのです

 

プロのサッカー選手や、オリンピック選手は、イメージトレーニングをしながら体幹を鍛え

練習に励んでいます。

「どんな結果やゴールを、いつ頃手に入れ、誰と達成するか」結果を決めたら、目標に向けて

足りないところを強化して自分のなりたい像に近づけていきます。

ですから、結果を決めてセルフイメージを上げることは、運を引き寄せることにつながるのです。

 

日常的に私たちができるのは、お風呂の時間や、寝る前、朝の起き抜けなど、リラックスした時間帯に

イメージするだけで現実に引き寄せる効果があります。

 

⑤他人の視点を取り入れて視野を広げる

「仕事運がない」と思い込んだままの思考で行動しても、良い運を引き寄せることはできません。

こんな時こそ、自分を客観的に判断してくれる第三者の意見を聞いて、そこから判断し行動することで

運を動かす必要があります。

 

実際、大金持ちや成功者といった運がよいと思わるような人の多くは

専門家やその道のプロに相談して、アドバイスを信じて行動している人が多いです。

それを抜きにしても、自分一人だけの考えで行動していては、一つの考え方に固執しやすくなりがちですし

人生経験が少ないと、選択肢も少なくなります。

なので、例えばこのようなプロに相談して、自分が取れる選択肢を増やすことも大切です。

  •  仕事を紹介してくれるキャリアコンサルタントから求職情報を得る
  •  自分が憧れる生活をしている人や、考え方に共感ができる人のセミナーに行く
  •  占いを通じて自分の可能性を知る

 

このような人達に相談し、必要な時に、必要な情報を得ることも運を好転させることにつながります。

現状維持は衰退の始まりですから、仕事運を上げたいなら、ついている人や運が良い人を真似た言動や

行動をとり、自分のものにすれば、新しい自分を作ることになり、運の流れも変わっていくのです。

 

⑥チャンスを掴みに行く

せっかく部屋を片付けて、口癖を変えて、ダメ出しをやめて脳や潜在意識を利用しても

実際に行動しないで、願うだけでは運はアップしません。自分が行動しないと状況は動かないからです。

「他人が何かしてくれるかも、運が巡ってくるかも」と待っているだけでは、チャンスは巡ってこないのです。

行動した人にしか、見えてこない世界があります。

 

自分が変わらなければ、今と変わらない状態が延々に続くだけです。

自分を変えるために行動した人だけが、成長して満足感や達成感、幸福感を得られるので

結果として運がアップするのです。

 

⑦頑張る方向性を間違えない

運をアップさせるためには、 自分で頑張る必要もありますが

頑張りの方向が異なると、うまくいくものもうまくいかないのです。

あなたが思うあなたと、他人から見えるあなたは違うかもしれません。

 

世間や両親が良いという人や会社、やり方を選んでも、それを自分が好きでないのなら

ものになりづらく、どんなに頑張っても思うようにチャンスに恵まれないかもしれません。

あなたには、あなただけの生き方があるからです。

 

もし、あなたにやりたいことがあるなら、あなたはそれが好きで、上手にこなせて、それに関して詳しいので

他人から求められていますか?

誰に言われなくても、時間を忘れてそれに夢中になれるものでしょうか?

そうなら、あなたの頑張る方向性は正しいので、どこかで行き詰っても、先に進んでいけるはずですから

やがて仕事運はアップしていくでしょう。

 

ですが、たとえ好きであっても、すぐに飽きたり、深堀していなかったり、それほど詳しくないのであれば

それは時間や暇つぶし程度になっているだけです。

ですから、ある程度まではいけるかもしれませんが、どこかで挫折すると、辞めたくなったり

続けることもしなくなるかもしれません。

 

もし、頑張る方向性が違うと感じたり、うまく回っていないと感じるのであれば

もう一度自分の気持ちを確認したり、あなたのことをよく知る誰かに

あなたの得意なことを何か聞いてみるとよいでしょう。

仕事運アップには、その答えがヒントになるはずですから、頑張る方向性が正しいのかどうか見えてきます。

 

占いから仕事運アップを狙う

以上が仕事運をアップさせるための、7つの秘策です。

この7つの秘策を使えば、あなたの考え方やものの見方が変わることで、仕事運はアップし

現状を改善することはできるでしょう。

 

ですが、今回お話したものは全て1人でできるものであり、

やはり1人だけで実践するものには限界もあります。

そんなときは運の専門家、占い師にアドバイスを求めるのも、1つの方法です。

占いでは、あなたの現状から、その原因と対策、活かすべき能力や才能、今後の流れなどを

知ることができます。

また、あなたの運のバイオリズムもわかるので、運をアップさせるために行動する時期か

勉強する時期かなどを知り、仕事運をアップさせることに役立ちます。

 

例えば、

企業の社長やトップなど社会で成功している人は

「仕事で成功したい、会社を良くしたい、自分を良くしよう」という気持ちが人一倍強いので

運をアップさせるために、縁起かつぎや占いを利用している人も多いです。

 

実際、私が働いていた金融業界でも、毎朝星占いを欠かさず見る人、ひいきの占い師のところに通う人など

仕事運をアップさせるために、自分の努力だけではなく占いを利用している人が多かったです。

 

また、仕事で大成功した有名な金融王JPモルガンは、占星術を利用していたと言われ

「億万長者は占星術を信じないが、大富豪は活用する」という言葉を残しています。

 

どんなに自分が努力しても、努力の方向性がわからなかったり、うまくいかない場合には

一度占いを利用することで、自分の悩みについて相談すると、これまで自分では考えもしなかった角度から

問題について向き合うことができます。

自分の運気を利用することで、仕事運はアップし、現状を改善することはできるでしょう。

 

適職カウンセリングを受ける

お話したように、占いは、あなたに代わって様々なチャンスを引き寄せ

あなたに選択の幅を広げてくれることに役立ちます。

変化が激しい社会の中では、淘汰されていく仕事が増えていきます。

それに伴い、私たちも生き残りをかけて、仕事内容や働き方を変えていく必要がでてくるでしょう。

 

そんな中、「あなたの才能を知り、存分に発揮する為に、何が必要で、何に価値を感じるのか」

というような、自分自身をより深く知ることができるのが占いの一つである

「適職カウンセリング」なのです。

 

「適職カウンセリング」では幸せになる働き方を目標として、仕事に関して出てくる欲求をベースに

あなたの能力や才能を、どのように活かして、発展させて、欲求を満たせるのかという

仕事にスポットを当てた占いですから、仕事運アップにつながっていきます。

 

具体的な手順としては

あなたのお話を基に、どこで悩み、行き詰っているのかを

10天体、12星座を図にした占星術のチャートを使って確認しながら、仕事に関するMCの象徴を中心に

太陽や月などのアスペクトや多くの指標を使い、適性のある5つの方向性に分類していきながら

あなたの才能や適性、心から満足が得られる仕事の方向性についてお伝えしています。

 

また、適職カウンセリングの結果は、あなたの思いとは多少違うことがあるかもしれませんが

そこから「現状をどうしたらいいのか」「新しい気づき」を得て、仕事の幅を広げることにも役立ちます。

 

◆適職カウンセリングについてはこちらをご参考に:

適職カウンセリング

◆鑑定事例はこちらをご参考に:

【適職占い】心から満足できる仕事に出会っていません☹転職すればうまくいくのでしょうか?②-30代女性-

 

具体的には、このようなことがわかります。

  • あなたの適職やまだ気づいていないかもしれない才能
  • あなたが心から満足できる適職プロファイリング
  • 持って生まれた宿命と今後の環境の変化
  • 短期的長期的なテーマと展望
  • 時流から適性や才能をどのように活かしていくのか

 

以上のことから、適職カウンセリングでは、あなたの根本的な欲求に従いながら

時代の変化にマッチした働き方ができるように適職の方向性を占えます。

また、占いで自分の現状を把握して頂き、そこから自分の才能や可能性を知り、結果を活かせるように

どう対処していくのかを共に考え、「あなたが行動できるきっかけ」になるお手伝いをするのが

「適職カウンセリング」ですから仕事運アップにつながっていくのです。

 

まとめ

社会や他者から認めてもらえず、がんじがらめになっている、仕事運がない

人生をやり直したいけれど、どうしたら良いのか分からない。

このような、漠然とした不安を未来に対して感じているなら、一度自分自身を知る事から始めてみると良いでしょう。

そして、客観的な自分を手にしてから未来に向けて頑張ることが、仕事運を上げることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。