終わりと新しい始まりの合図を知る

「死神と太陽」は不要なものを捨てて再スタートする

気がつけば、2022年も10月も終わりに近づき

本格的な寒さが始まる繋ぎ目の季節であり

街のあちこちでハロウィン🎃の飾りが施され、気分的が上がるので

カードを引くと出てきたのは「死神と太陽」

 

季節は蠍座の蝕の合間で「破壊と再生」による価値観の再定義が

求められている中で、これら2枚のカードが出たのです。

死神のカードは「古いやり方を手放す変化」の合図

死神のカードは、転機を意味するカードですから

結婚、離婚、転職、引っ越し、子供が生まれるなど

人生の重大な転機に直面している時によく現れます。

 

そうでないなら、行き詰まりや計画に問題がでるから

根本から変える、重大な変化や変容の時が迫っている

ある状況が終わり、新しい時代が幕を開けようとしている

という時でもあります。

 

ですから、このカードは不吉ではなく

むしろこのカードが出たら「無駄や不要な要素を取り除く必要がある」

という意味なのです。

 

蠍座的な要素である「自己生殖」本来の働きや機能を取り戻すために

生産性や創造性、新しい存在や新しい物、新しい観念を

生み出すために「不要なものを排除」するのです。

 

旧約聖書には「1粒の麦が地面に落ちて死ななければ、成長できない」

という話がありますが、古い非生産的なやり方を手放さないと

新しいものは生まれないというお話です。

新しいステージのためにリセットを開始する

このカードが出た後、まだ私には大きな変化は出てきていませんが

10/25日の蠍座部分日蝕の影響がじわじわと来ているようで

ご相談内容は違えども、最近のクライアント様にカードを引くと

90%の確率で「死神のカード」が出てきます。

 

自覚として状況を変えたい→無意識的に価値感を変えたい

という人が多いようです。

 

皆さま、それぞれの目標やゴールをお持ちですが

そこに到達するためには、隙間、余裕がないと求めるものは入ってこません。

 

ですから、今のテーマから取り組んでもらい

自覚されている不要なモノや思い込みを変えることから

頑張ってもらいます。

変われない・リセットできない人

新しいことを始めるにあたり、不要なモノや関係性をリセットする必要がありますが

リセットできる人もいれば、現状の自分を変えられない人も多いのです。

 

ですがもしも、あなたの努力が報われない

私は他人から傷つけられる、はじかれる

「ずるくて自己主張が強い人が勝つ」と思って立ち止まっているなら

 

「あなたが自分を認める」ことから始めてみるとよいかもしれません。

そこから、あなたは変わっていくからです。

おしまい

 

関連記事

error: Content is protected !!