幸運を掴むのは心の持ち方次第

金曜日の朝

会社勤めの人にとっては、金曜日の朝ほど気分が良い日はないかもしれません。

私にとっては、金曜日の夜はベリーダンスのクラスがある日です。

11月にハフラという発表会が控えており、振り付けを覚える必要がありますが

このところHPリニューアルや打ち合わせ、鑑定でクラスを休むことが多く

振り付けを覚えていないので、コンビで踊る友人と比較すると

相当後れを取っているのです。

 

前日の別のクラスで、ベリーダンスの友人に会ったので、進捗状況を確認したところ

振り付けは完成したとのことでした。

「どうしよう、、、」と不安なまま、金曜日の朝になりましたが

本日は、終日打ち合わせがあり身動きがとれません。

読者の方は「不安なら練習しろよ!」と思われるでしょうが

なかなかスイッチが入らないのですよ。

ということで、金曜日の1日についてタロットカードを引いてみました。

何気ない1日をタロットで占う

出てきたカードは、2枚とも時を知らせるカードです。

  • 1枚目:運命の輪
  • 2枚目:審判

運命の輪は、幸運な状況を伴う新しいサイクルに入る変化の時

人生の新たな局面の始まりですが、幸運を掴めるかどうかは

全ては心の持ち方次第であると暗示しています。

 

審判は、天使がラッパを吹くと墓から人が復活することから

過去の行動の報いを受ける時であり

1つの周期が終わり、再生と目覚めの時を暗示しています。

審判で長期間休んでいた友人が現れた

夜になり、早めにクラスに入って動画で練習をしていたら

続々とメンバーがやってきたので、皆で曲をかけて練習していたのですが

案の定、振りが入っていないので所々もたついていると、、、

長期間休んでいた懐かしい友人が、北海道旅行土産を持ってやってきました。

もはや、踊りどころではなく、その友人の近況の話で盛り上がったのでした。

 

カードが知らせてくれたのは

懐かしい友人との再会と、一緒に踊っていた頃の思い出が蘇ったのでした。

時を知らせる運命の輪と審判のカード

審判のカードは、絶妙なタイミングでやってくるチャンスや出来事を暗示する

偶然のタイミング、悪い出来事が好転する、問題の回復や意外性がある出来事を

暗示しています。

 

運命の輪のカードは、時の移り変わり、タイミングなど時期を教えてくれるカードで

中央に描かれている車輪は、心の持ち方によって運命が変わることを暗示しています。

幸運も不幸も常に私たちの周りを巡っていますから、期を見て逃さないためには

物事にはプラスとマイナス面があることを忘れず、マイナスに傾き過ぎないことが

重要なんです。

おしまい

関連記事

error: Content is protected !!