話題

蠍座パワーで結果が出るまで徹底的に深堀りして書いた山崎豊子氏

蠍座のステリウムに水のトライアングルがある山崎豊子氏

「大地の子」「白い巨塔」「不毛地帯」など社会派長編小説で知られる

作家の山崎豊子さんが亡くなりましたね

 

子供の頃から原作小説のドラマを見たり

小説を読んでいましたので非常に残念でした

「約束の海」は、1部で終了するのでしょうか

 

山崎さんの小説といえば

戦争時代から現代まで歴史的背景を軸に、長編が多いのが特徴ですが

執筆活動では、週4日は朝から夜まで取材をされて

残りの3日を12時間以上かけて小説として書いていく

作業を長年続けてこられたようです

 

1作品のために数百人に取材を行い

その中で使用するのは、40ネタに対して1つだけだったそうです

 

そして、歴史を知らない人のために小説を書かれていたそうです

山崎さんは、何故このように小説を創作されていたのでしょうか

彼女のホロスコープが語っています

 

蠍座の太陽、水星、土星と蠍座が強調されています

水星と土星ですから書くという作業を

辛抱強く、徹底的に追求します

 

蠍座は、相手に深く関わって、自分を変容させることができるので

取材相手の代弁者となり、自分を変容させて

転写するかのように小説に書かれたのだと思います

 

その蠍座群に蟹座の冥王星、魚座の火星と天王星が関わっていますか

水のトライアングルですから、とことんやりますし

とてもエネルギッシュに取材や執筆しながら

独創的なものができあがったようです

 

蠍座太陽と山羊座月をお持ちだからこそ、結果を残すために頑固なまでに

書き続けられたのです

「不毛地帯」では、5年間に5000枚以上書けたようです

山崎豊子氏のご冥福をお祈りいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。