新月・満月・季節のエネルギー

激動の時代・グレートリセットが始まる2018冬至

自分の枠や制限から飛び出す

土星が山羊座に入って土星回帰をしたのは、2017年12月20日

あれから1年が過ぎて、2018年12月22日に冬至をむかえます。

 

土星の山羊座回帰滞在期間は、2020年12月17日までで

その間に冥王星、木星、火星と重なり、その後水瓶座に入り木星と重なり

シェアが本格的になる「風の時代」に入ります。

 

ですがその前に、土星は山羊座で他の天体と重なることで

社会的に大きな影響を与えることになりますが

その合図が、今回の冬至です。

 

山羊座土星というのは、個人や企業、社会のシステムや枠組みを

ちょうど良い状態に最適化するのですが、そこに冥王星が重なるので

機能しなくなった枠組みや構造を破壊して再生させます。

そのため土星と冥王星のコンジャンクションは

グレートリセットと呼ばれています。

 

2018年の冬至図を見ると

アセンダントは山羊座で、太陽は12ハウスに入り

逆行中の天王星と調和的な配置にあります。

 

山羊座太陽が12ハウスというのは、表立って活動しづらく

変革の天王星が逆行中であるため、太陽をサポートしづらい状態ですから

国や企業、個人も制限や枠から出られないだけでなく、国民に知られたくない真実は

強制的に秘密裏に処理します。

 

同様に、個人も自分が作った枠や、決めた制限から出づらく

私らしく生きるという、システム作りも簡単には作りづらいです。

 

ですが、1ハウスに入る土星と冥王星は

既存のシステムや社会の枠組みなど、機能しない不要なものを

余儀なく変更したり、強制終了してくるでしょう。

 

また、外交を表す7ハウスの支配星の月は

双子座6ハウスに入って、2ハウスの魚座火星&海王星

11ハウスの水星&も木星と、やんわりと柔軟サインのTスクエアを作っています。

 

情報や通信機器関係は、情報操作や嘘が拡散されたり、誤操作システム障害などが起こりやすく

事件や事故を始め、起こっている物事の真実は語らないまま

国民が犠牲になる、騙されるというようなことが多々出てくるでしょう。

 

ですから、私たち国民は「何が真実なのか」を、しっかりと情報収集をして

真実を見極める必要が出てくるでしょう。

 

また、結果を意味するMCは天秤座で、その支配星の金星は10ハウスに入っているので

自分の価値を、仕事や社会的な立場で活かすように示唆しています。

 

ですが、その金星は蠍座なので

なかなか会社や仕事で力を発揮づらく、邪魔が入りやすいので

まずは、自分の実力や、発揮できる場所がどこなのか

足元から固めていく必要がありそうです。

 

さらに、足元を示すIC軸には、逆行中の天王星が乗っているので

ぐらつきやすく、試練を通じて、立ち位置を問われるようなこともでてくるでしょう。

 

今回の冬至図の中の天体配置は、厳しい配置で

まるで、試練を与えられているような感じがしますが

それは、自分が作った限界の中にいるからで

自分の信念や理想のために、自ら積極的に事態を切り開くこと

ダメだと思わずに、一度チャレンジしてみることで

射手座木星の恩恵を受けられます。

 

まずは、決められた組みの中で、自分がやるべきことをやりながら

他人と関わり、異なる価値感を受けいれることです。

すると、自分の可能性が広がり、戦略的に行動していくことができるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。