占星術女子会&セミナー

2013ノエルティル先生来日セミナー2

適職セミナー

今日からいよいよ

ティル先生直々の適職プロファイリング講座が始まりました

 

適職とは、自分の才能や生き方を満足させてくれる仕事のこと

自分は仕事から何を得ているのか、自分の欲求を仕事でどう満たしていくのかと説いています

 

ノエルティル先生の適職セミナーでは

「根本的な自分の欲求を満たせる仕事」を探すための

ホロスコープの読み方を学びます

 

ただし、これは規則というよりも考え方やセンスが必要になってくるので

マスターするには1年以上かかるとのこと

 

以前人材紹介業を5年ほどしていたことがあり

およそ600人の方と仕事についてお話をする機会がありました

 

彼らが転職について考える時には

キャリアアップや待遇改善、人間関係のリセットが目的だったため

ほとんどの人がこれまでの経験を活かして転職をしていました

 

ですが、根本的な欲求を満たせる転職だったかどうか?

それは本人にしか、わからないことですが

そう思うことがありました

 

おそらく、表面的な報酬だけで動いた人は

数年後にはまた転職をする人が多いかもしれません

 

衣食住が満たされた日本や先進国では

「自分を満足させてくれる仕事」を求める人が多くなってきています

 

「私らしく」という時代からのメッセージに刺激されている

牡羊座、蟹座、山羊座、天秤座の人は特に多いかもしれません

 

蟹座の太陽、山羊座の月の私も例外なく2011年に適職を見つけたのでした

 

人生をやり直すチャンス

占星術では、人生において

誰もが29才~30才で一度、土星回帰というのがあり

人生を根本的に見直す時期に入ります

 

これは、うまくいけば

これまでの仕事の可能性やレベルをもう一段上げられる

最高の時期と言えます

 

しかし、自分がどの程度、今の仕事や人生に満足しているのか

によっても違ってきます

 

もし、ここで本当に自分が望む仕事と適職がマッチしているなら

この人は今後、相当なプロとなっているでしょう

 

しかし実際に

やりたい仕事が見つかっていない人や

自分を擁護してくれる男性と結婚して

自分の人生を夫に託してしまう人が多いようです

 

でも、その後の人生、40代あたりでふと自分の欲求に気づいて

思考錯誤する人、いわゆる「中年の危機」に入る人も多くなっています

 

人生は、積み上げたものをアウトプットすることしかできません

付け焼刃では長くは続かないものです

 

29才の迷える人は

親が敷いたレールなのか、社会的常識からきた選択なのか

一度自分の気持ちに問いかけてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。