時代を生きるヒント風の時代の生き方

風の時代2022年はどんな1年になる⁈大変容時代に備える生き方

本格的な風の時代前の2022年をどう生きる?

2022年は、2023年~2025年に起こるであろう大変革に向けて

この1年をどう過ごすかによって、これからの運命が決まる重要な年になります。

 

このブログでは、2026年までの時代の流れ、2038年について

書いてきましたが

風の時代の生き方③2026年地の時代が完全に終焉する前の準備

未来予測!ヒトラーの2039年預言を占星術で読み解く

 

2022年:魚座木星と海王星のコンジャンクション←今ここ
2023年:魚座土星+お試し水瓶座冥王星
2024年:水瓶座冥王星
2025年:双子座天王星+牡羊座海王星+牡羊座土星
2026年:地の天体がなくなる(太陽、月など個人天体を除く)

 

本格的な風の時代に向けて

2022年がどんな位置づけをするのか

過去からを振り返ると

 

2020年12/17に土星が風のエレメントである水瓶座に入り

2021年12/22に木星が水瓶座で土星と重なり

本格的に「風の時代」が始まったことで

権威と既得権益、物質主義的「地」の時代から

知性とコミュニケーション、自由な精神性の「風」の時代が始まりました。

 

その先だった合図として、2020年初春から

コロナ禍によって、政府による緊急事態宣言、まん延防止措置が出され

人の行き来が制限されたことで、当たり前だった日常生活が崩れ

従来の仕事のやり方ができなくなったことで

私たちのライフスタイルは大激変して、価値観に大きな変容をもたらしました。

 

<2020年~2021年の変容>

  • 出社せずにリモートワークによる働き方改革
  • 忘年会・新年会など大人数の集会廃止
  • 形式にとらわれない冠婚葬祭

 

これら流れを受けて、2022年は、どんな年になり、どう過ごしたらよいのか

星の流れを見ながら書いていきます。

 

風の時代の始まりからこれまでの流れ

2021年は、コロナウイルス感染症拡⼤の影響で外出⾃粛が広がり

「おうち時間」が定着し

会社に行かず在宅勤務、リモート会議、テレワーク

映画もLIVEも、買い物もネット経由で観て買うことが日常となり

ライフスタイルの多様化が進みました。

 

自由、平等、共有を意味する水瓶座の意味合いを

水瓶座土星と牡牛座天王星コンビが、古い習慣を壊して新しい風穴を開け

古いものをリニューアルして、全く新しいものを提供させた後

現実社会でスタンダード化させていく途中です。

 

2022年は引き続き、水瓶座土星と牡牛座天王星の影響により

公共の場では「ソーシャルディスタンス」は続きそうですが

 

会社に行かなくても、学校に行かなくても、外出しなくても

日常生活は廻ることを知った以上

「働き方、夫婦の在り方、子供の育て方など生活の変化」は

水瓶座的なスタンダードへとさらに進化していくでしょう。

 

ですが、さらなる大変容が、2023年3月にやってきます!

 

水瓶座的マインドで新しいライフスタイルを作っていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の図が示すとおり、2023年3月に

山羊座冥王星が水瓶座へ(地のエレメントから風のエレメントへ)

水瓶座土星が魚座へ(風のエレメントから水のエレメントへ)

と移動します。

 

山羊座は古い社会秩序に矛盾を感じながらも、現実だと受け入れ順応しますが

水瓶座は別のより良い秩序を考え出そうとしますから

山羊座的な同調圧力から自由になり

場所や立場に関係なく共鳴できるものとは仲間になります。

 

広く流通していくので空間の制約から解放されて

自由な意識を手に入れようとします。

 

2008年以来15年近く、山羊座に滞在していた冥王星が動く意味は

私たちのマインドを、さらに自由に、平等に、共有、公的支援へと

押し進めていくことになります。

 

また、水瓶座は、インターネットを始め、SNSなど時代の最先端技術も

意味しますから

IT後進国の日本でさえ、社会全体が本格的なデジタルシフトをしていきます。

 

個人も会社もその流れに乗り切れないと

社会で生き残ることは難しくなり

同様に、最強と言われるGAFAの一部が衰退するなど

IT企業の再編もでてくるでしょう。

 

自分のやり方に固執する、難しいことは分からないと投げ出すような

「水瓶座意識」に追いついていない人ほど

今後益々、人生にハードさを感じることになるでしょう。

 

時間がかかっても、お金がかかっても、生活に関わることやモノは

最新のものへと切り替えるような、柔軟な思考が必要になります。

 

「時間や空間にこだわらない」「会社に縛られず個性で生きていく」

とうような水瓶座的なマインドでもって

新しいライフスタイルを構築していくことが

2022年はマストになります。

 

古い価値観を新しいものへとアップデートする

2008年から破壊と変容の星である冥王星は山羊座に15年滞在しますが

2023年と2024年は、山羊座と水瓶座を行き来します。

 

社会的な達成を目指したり、序列を競う、所属や社会的地位

権力に拘る山羊座座意識は、オワコン化が急激に始まり

形骸化していきます。

 

沢山持つことが当たり前ではなくなり

今後益々、権威を固持してきた重鎮が引退していきます。

 

冥王星が水瓶座にお試しで入る2023年こそ

風の時代の本当のスタートです。

 

2022年は、既存の社会がどんどん衰退していく中で

これまでのやり方、生き方が通用しなくなってくるでしょう。

 

個人も不要な古い価値観を手放していく必要が出てきます。

 

次世代へと繋いでいくべき、コアな価値観や伝統は残しつつ

時代に合わせた新しい価値観や意識を取り入れなければ

組織や会社では通用しても、社会の中では生き残れないのです。

 

この事例としては

2020年に、英国の王位継承順位6位であるヘンリー王子とメーガン妃夫妻が

英国王室から離脱して自由を求めて、拠点をカリフォルニア州に移して

経済的自立を図りました。

 

2021年には、皇族の眞子親王が、問題のある一般男性と結婚を機に

自由を手に入れるためニューヨークへと生活拠点を移されました。

 

ヘンリー王子の王室離脱、眞子親王の皇室離脱は

水瓶座的な自由と平等を求めたマインドによるものですが

 

国民にとっても「王室・皇室の人間はこうあるべき」という

価値観を書き換えるとともに

保険料、物価は上がり、国民の給与は据え置きな状態のまま

国民の税金によって、これらの存続を賄う意味を考える契機にもなるでしょう。

 

理想と現実のギャップを埋めていく

2022年は、水瓶座土星的なルール作りの総仕上げの1年となりますが

水瓶座が意味する「自由と平等、共有」意識を

天王星の変革の力を利用しながら、水瓶座的な社会が普通になってきます。

 

政府による幻想や理想のような国民不在の政策は

実際に、多くの中小企業、飲食店を倒産に追い込んできただけでなく

公的手続きの難しさ、日々の生活に困窮する人達に行き渡らない公的支援など

社会的に山積みの課題がでています。

 

 

個人も「自由を求め、高い理想を掲げてこうなりたい」

「社会に貢献したい」と理想や希望だけではダメで

「どうやってそうするのか」具体的に行動しないと

何も変わりません。

 

できることから、どんどん始めないと

時代に淘汰されてしまいます。

 

本当の自分を生きるために必要なモノを厳選する

2022年の 冥王星は、26度~28度の間を逆行を繰り返しながら

移動します。

 

これらの度数は、13年近く山羊座で完成させてきた成果を受け取り

その後、水瓶座サインが示す「自由と平等、共有」という新たな可能性に向かって

自分が蓄えてきたものを打ち壊して準備を始めていきます。(←これが恐ろしい)

 

その影響は、すでに兆候を見せ始め

2021年の衆院選で、知名度のあるベテラン大物議員の落選が始まり

落選した元議員が内閣官房参与へ任命されるや

この政治家による雇用調整助成金受け取りが発覚して

国民に大批判をされて辞退に追い込まれました。

 

また、一時期冠番組を持っていた大物タレントの番組打ち切り

時代のアイコン的な人物が相次ぎ死去されるなど

 

山羊座冥王星時代に築かれた社会秩序、一極権力、絶対的地位などは

水瓶座が示す自由と平等にそぐわないため

どんどん壊れ始めています。

 

地の時代が終焉を迎えるタイムリミットは、2023年3月!

 

個人も「自分がどう生きていくのか」取捨選択を迫られることになります。

自分の本質から離れた生き方はできなくなります。

 

「自分が決めるか、時間の流れに身を任せるか」となりますが

他人に強制終了されたくない人は

2022年中に、自分が関わる人やモノ、仕事など

これからの人生をどうしていきたいのか

整理しておくことです。

 

もし「ずっとやらなくては」と思いながらも、やっていないなら

とっかかりだけでも、始めておくとよいです。

 

情報の真実を視る目を鍛える

最後に、2022年の星回りについて軽く触れていきます。

 

木星が魚座と牡羊座の間を行き来する

これについては下記に書いているので、参考にして下さい。

【風の時代の生き方】に向けて④2022年の魚座木星と牡羊座木星が意味すること⁈

 

海王星の不安から逃れるために、何か好きなものに夢中になることで

現実逃避しやすいかもしれません。

 

また、これまで以上に忙しくなり

寝る間も惜しんで何かに没頭する人も出てくるでしょうが

 

2022年は、木星魚座期は海王星と重なり、水星も4回逆行しますから

情報操作によるフェイクニュースや番組も多く

情報弱者は、ターゲットになりやすいです。

 

また、何か得体の知れない不可解な事件や、混乱も生じやすいので

海外のニュースも確認しながら、複数の情報を照合して

真実を視る目を養う必要があります。

 

2021年12/19日~2022年1/29日:金星が山羊座で逆行

金星は、愛情とお金、信用を意味しますが、冥王星と重なりながら

逆行していますから「社会的に認められたい」という焦りや

「○○だからこうだ」というような古い価値観を手放しきれない人も

多いでしょう。

 

そうした葛藤や執着、報われない愛情、果てしない努力の行方は

金星の逆行時期の行動や努力によって、この先に得られるものは違います。

 

冷静に状況を分析して行動すれば、成功が待っている可能性がありますが

間違った分析や不適切な行動を取れば、その結果に苦しむことになるでしょう。

 

1月、5月、9月、12月と4回の水星逆行

水星の逆行は、通常は1年に3回起こるのですが

2022年は4回起こります。

 

最初の3回の逆行は、風エレメントで始まり、地エレメントで終わり

最後のエレメントは地エレメントで始まり、地エレメントで終わるので

水星という情報やコミュニケーション、SNSなどを通して

世の中に風の時代の雰囲気を流通させながら

地の時代からの脱皮を促しているのです。

 

  •    1/14日~ 2/23日:水瓶座→山羊座
  •    5/10日~ 6/  3日:双子座→牡牛座
  •    9/ 9日~10/  2日:天秤座→乙女座
  • 12/29日~2023年1/18日: 山羊座→山羊座

 

10/30日~2023年1/12:火星が双子座で逆行

双子座はコミュニケーションを司どりますから

うかつな発言・発信が問題になりやすいです。

 

火星の逆行期間は、魚座海王星とスクエア

射手座太陽、水星、金星とオポジションを形成するため

何か新しいことや仕事のスタートには、適した時期ではありません!

 

誰かを援助したり、助けたいというような博愛的な思いが生まれてきやすいですが

しっかりと情報収集して確かめ、慎重な計画を立てないと

本当に必要な人のところに援助の手は届かない

中間業者のポケットに入ってしまう、窃盗や汚職、詐欺に会う可能性もあります。

 

また、情報を鵜呑みにしていると判断ミスも起こりやすく

不注意による事故や怪我、過剰な運動やエクササイズによる筋肉損傷や骨折

自分を過信し、無理をしすぎて疲労困憊するなどが起こりやすく

社会全体で、やりすぎる傾向が出やすいでしょう。

 

以上長くなりましたが、2022年は時代の変わり目の1年ですから

世の中が変化していく中で、自分はどう生きていくのか

考えさせられることになるでしょう。

 

おしまい

分の才能、適性、適職、ターニングポイント、生き方を

お知りたい人はこちらからご相談くださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。