個々の天体の影響

幸運の天体である木星は12年に一度サインをめぐる

蟹座木星は自分の居場所を確定する

昨夜から今日にかけて月は蟹座に入っています

月にとって、蟹座はホームグランドですが

木星も蟹座ではその力を高揚させます

 

蟹座というのは、家族や自分の居場所、愛情、コピーを意味します

 

蟹座木星期間には、プライベートで自分の居場所や家族を作るのが

理想的です

 

木星とは、貴族、名門、聖職者、宗教、喜びというような

豊かさと喜びという意味があります

 

昨年、木星が蟹座に入ってすぐに

英国王室でロイヤルベイビィが誕生しています

 

 

蟹座で月と木星が同居することは大きな幸福を意味します

何かを始める場合には、とても適した時期となり

うまくいきやすい時期でもあります

 

運が味方してくれている時には、積極的に行動して

結果につなげていきたいところです

 

ですが、チャンス期間は短く

月と木星は、今月の27~29日で12回目の同居をもって終了となり

次に、木星が蟹座に戻ってくるのは 12年後を待たなければなりません

 

蟹座には、昨年から1年間木星が滞在しており

蟹座の人には、12年に一度の幸運期がやってきていました

幸運というのは

受け入れる準備をしていないと、気が付かない、実感ができないところがあります

 

年齢によっても求めるものが違いますし、人それぞれ感じ方も異なりますから

人からは幸運に見えても、本人はあまり実感がない人もいたかもしれません

 

木星が獅子座に座を移るのは、7月16日になります

天空では獅子座に移るべくその準備が整ってきています

 

地上界では、先週27日には、高円宮典子様が

出雲大社の神職である千家国麿さんと婚約され

31日はモナコ皇室でも公妃が世継ぎをご懐妊されています

 

獅子座の本来の座は太陽であり

太陽の象意は、神のもつ叡智や心理、王室

有名な建築物、豪華で華やか、一流、格式などがあります

 

獅子座の人は、1年間の幸運期を手にすることになります

 

それ以外の星座の人は

これから1年間、太陽が象徴してくれるような場所に足を運び

別世界を味わうことで潜在意識にインプットされて、木星の運気を貰うことが可能となります

獅子座以外でも、うまく利用することができますから

大いに利用しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。