新月・満月・季節エネルギー情報

【風の時代の生き方】に向けた価値観の書き換えが始まる②牡牛座月蝕満月

月蝕満月を前に一波乱⁈

こんにちは、神保町フミコです。

 

前回の風の時代の生き方に向けた価値観の書き換えが始まる①蠍座新月では

価値観を刷新させるために「新しい自分へと生まれ変わる」ことがテーマでした。

その続きとなる牡牛座月蝕満月です。

 

今回の月蝕満月の前日である11/18日は

蠍座火星と牡牛座天王星によるオポジションが12度で起こります(下の水色線)

 

サビアンシンボル13度は、常識に融合せず、限界を突破するカリスマ度数ですから

国民が知らされていない隠されてきた真実、秘密の計画が暴露されるような

あっと驚く出来事があるかもしれません。

 

蠍座は真実を探求するサインですから

コロナ感染や、3度目のコロナワクチン接種を巡る健康問題

待遇を含めた労働環境や働き方、公務員や警察の存在意義など

真実が暴露されることで

これまで、知らされなかったことや、当たり前に見過ごされてきたことを

考えさせられることになります。

 

今週はすでに

衆院選で当選して在職1日なのに、文通費100万支給される議員報酬のあり方に

スポットライトが当たっていますが

私たちも現状の働き方や会社との関係性、社会の中での自分の存在意義

自分の価値観を見直すフェーズに入っています。

 

ですが

テレビのニュースやマスコミは信用ならないし、ネット情報もフェイクが多いので

玉石混交の情報の中から、自分で真実を探さなければならないのです。

 

では、月蝕満月図を読んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月蝕満月テーマは、次のステージに向けた突破口を探す

今回の満月は、部分月蝕となり

月の大部分が影の中に入り込む月蝕のため

深い部分月蝕」と言われ、その影響は半年以上にわたる可能があります。

 

月蝕の影響は、5/26の皆既月蝕・レッドスーパームーンは何かを反転させるのか?

こちらを参考にしてくださいね。

 

2021年は、首都圏では緊急事態宣言とまん防により

9ケ月近く移動制限を強要されて、隔離されたような状態で過ごしてきた人も多く

10月からはようやく政府お墨付きで、行動することが許された状況で

 

ようやく、国民は公的に許されて、開放感に浸るも

政府による企業への圧力が始まり、たとえ国民の理解が得られなくても

働き方をコロナ前の近い状況へと戻していこう、という動きはでてきます。

首相が変わっても、日本国民不在の社会であることは変わりなさそうです。

 

国民の多くは、コロナ禍に対する政府の対応の酷さから

信用できないことを、嫌というほど知っていますし

コロナ前と同じ働き方をしなくても、仕事が回ることもわかっていますから

 

このような状況を通して

「これから自分は、どう生きていきたいのか」という質問に対して

答えを出すことが求められています。

 

時代は完全にバーチャル社会へとシフトしていきますから

これから大きなチャンスを手にするためには

SNSという媒体を通して自分の才能やセンスを世間に出していくことや

自分の殻を打ち破って、環境や働き方を変えることで

人生に変化を起こすことができます。

 

または、自分が望まないままの社畜生活を続け

時に、軽んじられたり、時に理不尽な扱いをうけながら働き続けていく

現状維持もあります。

 

自分に嘘をつきながら、だましだましで現状維持をしていくのか

時代に合わせた働き方、新しい可能性を創り出すために

これまでの自分のライフスタイルを打ち壊していくかの

選択を迫られているのです。

 

ですが、今回は満月ですから

決断するというよりも、自分はどうしていきたいのか

を考える時であり、何らかの突破口を探す時です。

 

その理由は、現状維持にしても、働き方を変えるにしても

何らかの突破口を持っておかないと

現状維持のままでは、いずれ、厄介ごとに巻き込まれることになるからです。

 

突破口となるのは、働き方の見直し

新しく生まれ変わるための突破口となるのは

働き方の見直し」です。

 

これまでのやり方に固執していると、頭うちになりますから

古いやり方を打ち壊して、新しいものを取り入れられる人と

そうでない人との間で働き方が変わってきますから

今後益々、二極化が加速していきます。

 

今回の月蝕満月では、深い心のテーマが引っ張り出されやすいので

インスピレーションが湧いたり、気になったことは

メモしたり、確認する、行動してみることです。

 

出てきた気持ちに、しっかりと向き合うことで

自分の理想を体現している人を探すことも、突破口の1つです。

 

風の時代の大きな流れは、時代に合う価値観へのシフトの促しですから

自分であること、自分にとって変わらない大切な価値観を維持しながらも

変えるべき価値観は、新しいものを取り込みながら

時代に合うようにリニューアルしていく必要があります。

 

その為には、情報収集をしたあとに、体験してみることです。

たとえ難しくても、できることからチャレンジしていくことで

何かを見つけることができます。

 

「変わりたいのに変われない」「どうしたら変われるのかわからない」

というような人は、やり方を変えてみたり、その道のプロの力を借りて

方向転換を図ることが近道です。

 

おしまい

 

変わりたいのに変われない、どうしたらいいのかわからない人

適性、適職、ターニングポイントを知りたい人は

こちらからご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。