新月・満月・季節のエネルギー

2018秋分は1年の流れの見直しと調整をする季節

秋分テーマは、労働や社会的な立場を見直すこと

フミコです。

ついに、春分から始まった1年の流れの中で、4分の3が始まろうとしています。

時間の流れは有限ですから

秋分で一度、これまでを見直しておきたいですね。

 

23日は、太陽が天秤座に入り秋分です。

牡羊座太陽期である春分から

自分を育ててきた1年の流れは

ちょうど、折り返し地点である天秤座太陽期である秋分で

これまでの成果を客観的に判断する時です。

 

春分から始まったサイクルの中で

目標や目的を持って頑張ってきた人も多いかと思いますが

 

秋分では

  • 自分は何を生み出し
  • 何を成果と考えるのか

 

見直すタイミングでもあります。

 

満足いく結果なら、そのまま続けていくと良いけれど

そうではなく、「他人が羨ましい」という

他人の成果が眩しく感じられこともあるかもしれません。

 

他人と比較すると、自分は未熟だと思い

自己肯定感の低さや不安がある人は

この段階で、あきらめる必要はなく

今から自分ができていない箇所や、アンバランスだと感じるところを

冬至までに、バランスが取れるように調整して、価値を見出せるようにすることが

太陽が天秤座に入った秋分の課題です。

 

まずは、折り返し地点に入る現時点で、もう一度原点に戻り

「自分がどうしたいのか」という欲求と意図をはっきりさせると良いでしょう。

 

 

さて、2018年の秋分図では

天秤座の太陽は、水星と共に10ハウスにいます。

この太陽は6ハウスと10ハウスの支配星となっていることから

テーマは、労働や社会的な立場がテーマとなります。

 

「自分はどうしていきたいのか」という、これからのビジョンをハッキリさせたら

組織や仕事上の問題点や弱点を確認して、自分が貢献できることは 力を発揮すること。

 

足りない技術があれば、鍛え直して磨いていくことで

自分の個性が、社会の中でバランスをとれるように調整しましょう。

 

また、これまでと異なる新しい体験や、出会いを作ることで

社会の中での自分の居場所ができて、新しい関係性が始まるでしょう。

 

 

これからの3ヶ月の方向性を意味するアセンダントは、いて座6度。

きたる11月8日のジュピターイヤーに向けて

まずは、与えられた環境の中で、自分の役割を果たすこと

知識や能力を拡大していくことが求められます。

これをしないと、新しいことにチャレンジしたり、高みを目指せないのですよ!

 

ですから、この3ケ月の課題としては

  • 自分は何が好きで、何が嫌いなのか
  • 人や社会に何をすれば貢献できるのか

 

自分の中の深い欲望を感じる

他人との関係性を見直す

というような、「自分は何が欲しくて、どうしたいのか」という

根本的な要求を見いだすことから始めると良いでしょう。

 

そこから、「自分は何者なのか」「自分らしさとは何か」ということを

社会に向けてしっかりと語れるように、自分をより深く理解して

自分の価値について自覚しておく必要があります。

 

それでも、わからないなら

「自分には何でもないこと」が、他人にとっては

魅力的に写っていることもありますから

身近な人に聞いてみるのも良いでしょう。

 

自分の持つ個性や専門性を、社会に向けて

表現し貢献することが必要ですね。

たとえば、

夢や希望があるなら、徹底的にこだわり、社会に公表してみると

経済的な基盤ができたり、大きな成功につながる可能性があります。

秋分では、できることから始めると良いでしょう。

 

今回の秋分図は、

「これから自分はどうしたいのか」というビジョンを広げる前に

蠍座木星(欲求とそこから得た報酬)と金星(自己価値)の見直しが求められます。

まだまだ、挽回のチャンスですから、しっかりと自分の中でバランスがとれる

感覚を養っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。