天体逆行中の過ごし方

天王星逆行中の過ごし方と注意点

天王星逆行中の過ごし方

今月23日から、天王星が逆行を開始しました。これは、12月のクリスマス前頃まで続きます。
これにより、山羊座冥王星、魚座海王星と共にトランスサタニアンの3つが逆行している状態にあります。ただし、これらのトランスサタニアンは、動きが遅いこともあり、逆行の最初と終わりに影響が出やすいと言わています。
今回の天王星の逆行は、シフトチェンジのために22日から28日あたりまで、動きを止めていましたが、昨日29日からは本格的に逆行を開始して12月22日まで続きます。
そのため、昨日あたりから、いつもと違う状況を感じている人もいるかもしれません。
現在、天空では、社会的な価値の見直し期間に入っていますから、牡羊座天王星本来のエネルギーである、すぐに結果を出す状況から、少し見直そうという変化期間に入っています。
そこから個人の生活では、これまで進めていたことが本当にそれでよいのかどうか、進路を見直しましょうということです。
何故それが必要かというと、9月の3連休後には、本格的に火星が射手座に移行していき、9月末には、射手座火星、獅子座木星と共に火のエネルギーが一時的に強化されます。そして、12月には土星も射手座に入るからです。
こうなると、火のエネルギーが異常なほど増大されていきますから、誰も止められないくらい、あらゆることがスピードアップしていきます。
そのため、一旦スイッチが入って動きだすと、それが良い悪い、やりたい、やりたくないという気持ちに関係なく一気に急展開してしまうからです。
それが、自分の意図する方向であれば問題ありませんが、そうでなければ、後戻りできなくなるのです。結果として、自分が意図しない進路に進んでいくことになってしまいます。
ですから、今年の夏は秋の急展開に備えた礎づくりとして、現在の進路を見直す、あるいはうまくいくための戦略づくりをしておくと良いでしょう。
まずは、急がば回れの気持ちで、一歩一歩着実に進んでいくように準備しましょう。
では、週末まで後少しですが、暑さを乗り切りましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。