天体逆行中の過ごし方

知っておきたい!水星サイクルの使い方

水星逆行サイクル

水星は、1年間に約3回、約3週間にわたって逆行しますので

水星サイクルを巧く使えば、最高の決断ができるようになるので

そのコツをお伝えします。

まず、水星とは、コミュニケーション、情報、知識、技術、交通、言語、商取引の領域を支配しますから

逆行中はこれらの領域で影響が出てきやすくなります。

たとえば、

水星逆行中に起こりえること

  • システムトラブルや、電車や飛行機の遅延が起こりやすい
  • 出てくる情報が正確ではないことが多い
  • 書類の書き間違い、入力ミスが多発しやすい
  • コミュニケーションや人付き合いに影響が出やすい
  • 神経器官に影響が出やすくぴりぴりしやすい
  • 迷いが出やすく、悲観的になったり、自分の殻にこもりやすい
  • 条件が折り合わなかいなど契約は整わない
  • 状況が膠着して動かない
  • 相場は乱れやすい

 

何をしてもうまく進みづらいので、気持ちも萎えやすくなりますから

せめて、時間と気持ちにゆとりを持つように心がけましょう。

 

水星逆行中の意味としておきたいこと

水星逆行の意味は、「見直しとやり直し」です。

これまで、やろうと思っていたけれどできなかったことや

うまくいっていないことに再チャレンジするタイミングですから

下記の見直しをすると良いでしょう。

 

  • ご無沙汰している友人や知人に連絡する
  • 後回しにしていたことや過去の見直しをやる
  • データのバックアップ
  • 知識や情報を精査する

 

具体的な水星サイクルの使い方

逆行中には、やり残したことを整理しながら、知識を蓄え、情報を精査しておきます。

逆行から順行に切り替わるタイミングで、どうするか決断して

順行に戻ったら、行動開始です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。