天体を通して時代を生きるヒントを知る

早すぎる女優の死と火星期(36歳~45歳 )の心の空白を読む

牡羊座火星と山羊座コンジャンクションによる影響

先週は、東証のシステム障害により終日株式売買停止、トランプ大統領のコロナ陽性発覚と

株式市場、世界の動向が揺らぎ始めました。

 

星回り的には、牡羊座満月の前後の出来事(火星の逆行の影響あり)でしたが

その背後には、2020年のメインテーマである山羊座土星・冥王星・木星によるトリプルコンジャンクション

とスクエアを作る牡羊座火星の影響もあります。

 

9月10日から始まった火星の逆行は、11月14日まで牡羊座に滞在しますが

厄介なのは、この火星は逆行しながら、山羊座土星・冥王星によるコンジャンクションと

スクエアを形成することによる影響です。

 

これらの天体の組み合わせは、人が秘めている怒りや嫉妬心を煽るだけでなく

昔もっていたテーマ(心の傷)を引っ張り出し、危機感を煽り

状況や人間関係を通して、エゴやプライドをひどく傷つけ

自分と他人とのパワーバランス(持つ者と持たざる者)を見せつけます。

 

そこから自己否定や、自分の存在が脅かされるような無力感、敗北感を感じさせることで

古傷と向き合わせるように仕向けているのです。

 

また、自分の立場や名誉を守るために「行動しなければならない」という強迫観念を生み出し

自分の存在価値を再確認させます。

 

火星が衝動性を煽るので、肉体的に疲れていたり、心に余裕がなかったりすると

不安や心配が増大して、自制心を失い、冷静な判断ができなくなることもあり

世間は自分を理解してくれないという思いが高まりやすくなります。

 

牡羊座と山羊座カーディナルスクエアのテーマ

逆行中の牡羊座火星と山羊座土星&冥王星のコンジャンクションからなる

カーディナルスクエアのテーマは、他者との関係性の中でパワーバランスを煽り

人それぞれが抱かえるテーマを振り返らせて、エゴを手放させることです。

 

他人と争っても得られるものはなく、人間関係や仕事にしがみつくほど奪われ

しがらんでいるものは断ち切られてしまいます。

 

今、私たちが体験させられていることは

水瓶座時代に向けて、エゴやしがらんでいるものを手放させるための強制終了であり

「私は、自分の人生をマネジメントできる」と思わせるための人生の矯正でもあります。

 

未知の世界に対して自分を押し広げ、力を発揮する場を作ることを試されているのです。

 

火星期が何故カーディナルスクエアの影響を受けやすいのか?

占星術では年齢ごとに担当する天体が決まっていて

年齢によって「どんなテーマを体験し、意識が向くか」ということを

天体が支配するサイン、度数、アスペクトで読んでいきます。

 

火星期は36〜45歳にあたりますが

その前の太陽期である25歳~35歳で作った人生を発展させ、何かに挑戦したりもします。

 

今回のカーディナルスクエアの影響は、人それぞれ異なりますが

年齢的に火星期にある人は、ご自身のホロスコープの中の火星が影響を受けるので

現実生活に表面化してきます。

 

そんな火星期にある人は、2020年の火星の特別に強いエネルギーを受けるだけでなく

他の天体の作用も加わることで、相当強い影響をうけやすいかもしれません。

 

<2020年の牡羊座火星のエネルギーが強い理由>

  • ホームグランドの牡羊座で2020年6/28~2021年1/17と長期滞在→衝動的、攻撃的になりやすい
  • 9/10~9/28は、火星、土星、冥王星が逆行しながらスクエアを作る→過去の古傷を抉られやすい
  • 山羊座土星&冥王星とカーディナルスクエアを作る→破壊と再生を徹底的に行いやすい
  • 冥王星の副天体は火星→自分の中の恐れや不安を引き出し、強迫観念を持ちやすい

 

今回は、9月の秋分を挟んで火星期にいる女優さんが2人も亡くなっているので

2人の死について書きますが、出生時間が不明ですから、アセンダントやハウスを除外して読んでいきます。

 

自殺された真相は、出生時間が不明であり、本人しかわかりませんが

ホロスコープを通して触れることで、火星期にいる人、似たようなな天体サインを持つ人の

参考になればよいと思います。

 

4日には、逆行中の冥王星も巡行に戻りますから、世の中全体がようやく冥王星の象意である

集合無意識の影響(心のシャドー)から抜けだし、それに伴い現実感覚も戻ってくるので

少し影響力も落ち着きそうです。

 

芦名星さんの死と火星の影響-享年36歳


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芦名さんは、享年36歳と火星期に入って1年足らずですが

火星は天秤座2度、サビアンシンボル3度「新しい日の夜明け、全てが変わった」です。

 

サビアン3度は天秤座初期の第1グループですから、天秤座火星としては無自覚で

1度で自分を開示し、2度で可能性が広げた後、ようやく3度で

自分の個性を発揮するために、これまでの自分を変化させるように促します。

 

火星期の前には、長年つきあっていた恋人と破局されたようで、プライベートの変化から

仕事の内容も変化があったようですが、彼女の夜明けは何を意味したのでしょうか?

 

この火星は海王星とスクエアで、海王星にはトランジットのドラゴンテイルが重なり

ドラゴンテイルによる長年積もった良からぬものが、海王星に流れこみ

海王星の持つ霧か幻のような世界に吸い込まれ、自己存在のバランスを失います。

 

また、トランジットの火星は、蠍座29度の太陽とインコンジャクションとなり

牡羊座火星と蠍座太陽の間で矛盾が生じやすく、調整されるまで葛藤します。

 

蠍座29度太陽のサビアンシンボル30度は「ハロウィンの悪ふざけ」で

蠍座が射手座に入る直前ですから、 蠍座的な他者と深く結びつくことで自分を変容させ

秘密主義で深い関係性や共同から解き放たれ、射手座な精神の可能性を目指して

解放的な世界へと入ります。

 

解放されたいのに執着する蠍座太陽に対して、牡羊座火星は閉ざされた世界から出て

新しいことにチャレンジさせようと促しますが

「こうなりたいとか、こうしたい」という 動機がはっきりしないと

牡羊座火星の持つ積極性が発揮できず、蠍座太陽モードのままです。

 

また、蠍座太陽を山羊座土星と冥王星がサポートするので

過去の出来事を清算して、前向きに生きるように促しますが

心の空白が邪魔をします。

 

過去に執着する理由には、双子座と射手座からなるノード軸に対して

思考を意味する水星と、社会性や拡大を意味する木星が重なることで(もしかすると月も)

幼少期の母親との関係性において、満たされなかった心の空白を作ります。

事実と関係なく「満たされなかった、愛されなかった」という思い癖がある可能性です。

 

そこに、トランジットの魚座海王星と乙女座太陽が柔軟サインのグランドスクエアを作ることで

心の空白や満たされなかった思いを太陽が明らかにし、海王星が犠牲を強いる形になっているので

無意識に過去に引っ張られやすいのです。

 

また、彼女の場合は、現実感覚や自分の安心安定を一番に考える地のエレメントがなく

柔軟サインが多いため、仕事とプライベートにおいて人間関係に振り回されやすいです。

 

うまくいっている時は、そこから欲しい物を手にすることができたと思いますが

火星期では、これまでとは違う新しい世界にチャレンジしたかったはずなのに

自分を犠牲にしてしまったわけです。

 

竹内結子さんの死と火星の影響-享年40歳


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹内さんの火星は獅子座26度、サビアンシンボル27度「夜明け」。

サビアン27度は獅子座第6グループに入り、成果をまとめる段階ですから

自分が求めるものを手にするために、努力しながらレベルアップします。

 

獅子座は、自分の世界や他者への働きかけを通して

自分の生き方を変革していくことで、人生が充実していると感じやすく

自分らしくいるためには、他の人とは異なるテンションでいる必要があり

自分に集中した姿勢を作り出し、自己中心的でいることが大切なサインです。

 

ですが、そんな火星は、獅子座28度のノード軸とコンジャンクションで

蠍座25度の天王星、牡牛座27度の金星、28度のベスタによって

不動サインのグランドクロスを作っています。

 

幼少期から母親との関係においても距離ができやすく、十分な愛情をもらえないで

自己犠牲を要求されてきた可能性があります。

そこから、心の空白を、埋めるために譲れないものができたはずです。

 

獅子座、水瓶座、牡牛座、蠍座による不動産サインのスクエアは

無意識に持っているスタンスがブレず、頑固で、柔軟性、自発性に欠けます。

 

こうと思ったら、テコでも動きませんし、自分を譲りませんから

不要で効率が悪く、損をしても本人には譲れないことに拘るので

それによって身動きが取れなくなるのです。

 

太陽は牡羊座11度、サビアンシンボル12度「野生のカモの群れ」で

自分の中の成功体験の型を作り上げることで、素晴らしい結果を出しますから

太陽期までは、自分が思うようにうまくいっていたのだと思います。

 

ですが、火星期に入ると、これまでのやり方では通用しなくなり、異なる生き方を求められます。

再婚され子育てを通して、自分中心ではない経験を求められることで

自分らしくいられなくなった可能性があります。

 

また、天秤座冥王星は、牡羊座と山羊座のカーディナルスクエアと T スクエアを作りますから

価値観を強制的なまでに変容させることを、求められているにも関わらず

譲れないこだわりが邪魔をするので、心身ともにがんじがらめになっていたかもしれません。

 

牡羊座太陽、獅子座火星と火のエネルギーが強いので

衝動性が、彼女を死に追いやったかもしれません。

 

世間的には、女性が欲しいものを手にいれて、幸せそうに見えていますが

自分が思う「自分でいられなかった」のが、死へと追いやったのかもしれません。

 

2人の女優の出生図と亡くなった日付で、ホロスコープを読んできましたが

驚愕することに、芦名さんと竹内さんの火星のサビアンシンボルは「夜明け」です。

 

夜明け前が一番暗いと言われるように

「苦難や雌伏の期間は、終わりかけの時期が最も苦しいけれども、それを乗り越えれば、事態が好転する」

意味ですが、火星が示す「夜明け」を待たずに、心の空白という暗闇に飲み込まれてしまいました。

 

世間からは、成功した美しい女優さんでさえも、生きることは大変です。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

 

牡羊座・山羊座のカーディナルスクエアの乗り越え方

逆行中の火星や冥王星は心に深いテーマを与え、不調や暴走を促し

自己存在の価値を意識させます。

心の闇を見せることで、古傷と向き合わせ、再生させることを促すのです。

 

そこで、孤独感や恐れや不安に負けるか、立ち向かうかどうかは人それぞれですが

できれば、心の葛藤に立ち向かい、不要なこだわりやエゴを捨て

生まれ変わることを願っています。

 

自分との葛藤を乗り越えるには、他人の持つものを羨むのではなく

うまくいっている理由を探り、そのコツを自分に試してみることですが

 

できれば、自分の欲しいと思っているものが本当に必要なのか

もう一度自分に確認することが必要です。

 

「自分はどう生きていきたいのか、そのために何を必要なのか」

行動するために自分の信念を確認することは

自分にとって大切なものを見極め、不要なものを断ち切る基準となります。

 

「自分に対して、嘘のない自分でいるかどうか」が大切です。

 

今、やるべきことはパワーバランスに翻弄されず

社会の常識や基準に自分を合わせるのではなく、自分的基準を作ることです。

 

おしまい

 

※ご自身の生きていく方向性、才能や適職を知りたいという方は、下記よりご連絡をお願いいたします。
下記のEmailか、お申込みからご予約をお待ちしております。

(現在は、スカイプ、ZOOM、メール鑑定のみです)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/

(お申込みはこちらから↑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。