話題

アンパンマンの父、やなせたかし氏と水瓶座

常識を超えた理想が描かれたアンパンマン

関東は暴風域に入っていますが、天体は変わらず運行しています

火星が乙女座に入り魚座海王星からサポートを受けて

イライラや怒り、批判的な気持ちは緩和されるでしょう

 

ロマンチックな魚座の月が土星、木星と吉相を作っているので

良い出会い、縁などが生じやすいです

 

金運や恋愛運など社交性を表す金星も

天王星とよいアングルなので

恋愛が始まったり、予期せぬ幸運などが起こりやすいです

 

昨日、やなせたかし氏の訃報がありました

アンパンマンは、うちの姪っ子も大好きだったので

よく一緒に見ていました

 

正義の味方なのに

敵味方なく誰にでもやさしいアンパンマンってどういうこと?

そう思う大人の人も多かったのではないでしょうか。

 

これはやなせ氏の太陽が水瓶座で

他の天体からの影響を受けない配置にあるからです

 

それが世間と少し異なる

リズムや感性で生きる傾向につながるからです

水瓶座は天王星が支配性ですから、男女人種の差別がない

博愛主義が強く前にでてきます

 

そこから、お腹を空かせた、敵のバイキンマンにも

頭のパンを分け与えるようなキャラクターができたのかもしれません

独創性はピカイチ、しかも土星に協調されているので

こうと思ったことには絶対に妥協しないし

逆境からの立て直しができるとても有能な人です

 

戦後の屑鉄拾いから新聞記者になって、奥さんと共に上京して

三越でグラフィックデザイナーになり漫画家に転身するなんて

いつも現状維持ではない、生き方ができたのです

 

きっと苦しい時代にも夢見ることをあきらめなかったのは

魚座の火星と金星という感性が、ロマンチックで純粋な世界観を描けたからかもしれません

 

水瓶座の時代、どうしてもテクノロジーにばかり目がいってしまいますが

アニメとして博愛主義水瓶座の世界観を感じられるのは

おもしろいことですね

 

これは、前に押し出そうとする牡牛座天王星にあおられて

水瓶座の世界観が世間にどんどん出てきているような感じがします

やなせさんのご冥福をお祈りします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。