時代を生きるヒント

2021年1月から水瓶座と牡牛座のスクエアの影響で既存の常識や制限が変わる

水瓶座土星&木星と牡牛座天王星&火星のスクエアの影響は始まっている

2020年も残すところ、あとわずかになりました。

200年続いた地の時代は終わり、風の時代に入りましたが

あなたの周りで何か変化はあったでしょうか?

 

水瓶座というのは、自由、波動や意識、個人主義、社会平和を意味しますから

自分が考えていること、欲しいものが現実化する速度が早まった人

いきなり想定外の出来事があった人もいるかもしれません。

 

日本国内では、コロナ感染者数が日増しに増加しているにも関わらず

たくさんの人が、政府や知事の思い通りに行動しない事象が現れています。

 

これは、土星と木星が水瓶座に入ったことで

その支配性である天王星が効力を増大させるので

制限や境界線を越えて、自由と過去からの解放を求めるからです。

 

1月から本格的に大変革が始まる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから世の中は、どんどん変化していきますが

意識改革を促す前提として2021年1月7日から1ケ月程度は

水瓶座土星&木星のコンジャンクションに対して、牡牛座天王星&火星が

スクエア=ハードアスペクトを作ります。

 

水瓶座の支配星は天王星で、その支配星が木星と土星に対してスクエアですから

天王星が土星の常識や制限を壊します。

しかも、火星が加担するので、過激に暴力的に、場合によっては犯罪的な行為に

及ぶ人もでてくるかもしれません。

 

これまでの常識は覆り、制限が破壊されて社会が変化します。

 

このスクエアに対して

水瓶座には、1月8日に情報やコミュニケーションの水星が入り

1月20日からは政治家や国家を意味する太陽も入ることで

水瓶座ステリウムを形成します。

一方、牡牛座には、1月20日からリリスが天王星と火星に接近して煽ります。

 

水瓶座土星と木星は、多くの人の未来の幸福を最優先する社会を作るために

これまでの山羊座的な権力者が統制する社会を強制終了させます。

 

国民のための日本や社会を再構築していくためには

国民の為に活動する政治家が誰なのか、マスコミがどれほど偏ったニュースを

報道していたのか炙り出されてくるでしょう。

 

また、牡牛座の天王星が経済活動、通貨、銀行、衣食住を中心に変革を促し

火星がそれを加速させるため、過激になり、暴走し、制御不能なふるまいをする人も

でてくるでしょう。

 

アメリカでは1月6日に 米連邦議会が上下両院合同会議を開き

大統領選の結果を正式に認定されますが、結果次第で世界は大きく揺らぎます。

場合によっては、 世界的な大改革やデモ、暴動だけでなく

株価暴落、通貨急落だけでなく、食料不足などの可能性が出てくるかもしれません。

 

現にコロナの変異種が見つかったイギリスでは、国境が封鎖されて

物流が滞り大混乱となっています。

 

また、世の中にコロナ感染者数が増加しているにも関わらず

政府や知事の頼りない対応、テレビ番組やニュース報道の真実を知らせない内容から

世の中的に何かおかしい、政府はあてにならないと思う人が声を上げ始めるでしょう。

 

日本国内でも既存の仕組みや体制に対する抗議デモ

ネットやSNSを通じて「日本をこのままにはできない」と思う人が増加し

同じ志を持つ者同士が協力しあい声を上げて活発することで

政権支持率は急低下し、政権交代や特定の企業や体制の解体もありえるかもしれません。

 

時代は、価値の変容と再構築を求めてくる

風の時代が始まり、世の中が混沌としてくる中で

時代は、私たちに何を求めてくるのでしょうか?

 

個人のそれぞれの意識やテーマは、下記を参考にしてもらえるとよいですが

風の時代の移行に向けた意識の切り替え方

 

時代が国家や企業、大衆に求めているのは、価値の再構築です。

 

風の時代が始まった12月22日の水瓶座グレートコンジャンクション図では(↓で見られます)

2020年12月後半に起こる日蝕、冬至、水瓶座グレコンで世界の大転換期が始まる

 

アセンダントが蠍座で、MC軸が獅子座と不動サインになっています。

不動サインというのは「価値の構築」ですが

始まりを意味するアセンダントが蠍座ですから、価値観の変容と再構築がテーマとなります。

 

水瓶座の時代は、自由と独立を促してきますから

1月には、水瓶座と牡牛座による不動サインのスクエアを体験させられることで

人によっては、強制的に既存の価値観を塗り替えて

再構築せざるえない状況になるかもしれません。

 

たとえば

結婚や出産により社会的な立場が変わったり

会社では、自分の能力が組織にうまく適応していても

新しい上司が異動してきたり、本人の部署異動や転職などで

これまでの能力や振る舞いが、まったく通用しなくなることもあるでしょう。

 

あるいは

コロナ禍の影響から、自分の社会的立場が不安定になり

未来に対する明るい見通しが立たない状況下で

「このままではいけない」と焦ることもあるかもしれません。

 

そんな時こそ、時代があなたに「価値の再構築」を求めていますから

自分を卑下したり、否定する必要はありません。

自分の現状況把握と未来の準備をすればよいのです。

 

今の自分自身の社会的な価値と強みを評価し

これまで自分が築き上げてきた能力や技術、技能といった「持っているもの」と

不足している能力、足を引っ張っている弱点「足りないもの」を書き出して

能力を発揮しやすい環境も加味しながら

最後に、自分が新たに価値を見出すようなテーマを拾い上げて

未来の価値へとつながげる活動を、日々重ねていくだけです。

 

1月29日の水瓶座満月による水瓶座ステリウムで常識と価値観が変わる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月29日の水瓶座満月は、2ハウスと8ハウスで起こり

水瓶座9°で木星もピタリと寄り添います。

 

水瓶座10°のサビアンは「一時的だと証明される人気」で

自己価値と他人の価値との補完関係がテーマとなりますから

国民の感覚と政府の感覚のズレを、政府がどの位修正できるかによって

首相や政府による、経済対策や社会制度の見直しが

一時的に評価されることもあるかもしれません。

 

また、双子座&射手座からなるノード軸に対して

魚座19°海王星と21°セレス、乙女座21°ベスタが柔軟サインの

グランドクロスを作っています。

 

感染者や医療関係者だけでなく、市中にいる沢山の人がコロナ感染と戦い

犠牲になり、右往左往させられることもあるでしょう。

 

山羊座24°冥王星と25°の金星は、牡羊座23°リリスとスクエアですから

国民よりも自分の利権や既得権を守りたい政府や知事、厚労省、医師会は

自分たちの主張や対応を変えることはありませんから

既存の仕組みやシステムが機能しない状況は、続きそうです。

 

国民を意味する月は、獅子座9°で8ハウスにいますから

これまで普通に受け入れてきた政府や社会のあり方に

「おかしい」という違和感を覚える人が多くでてくるでしょう。

何が真実で、何がそうでないのか、既存の価値観の変容を経験します。

 

土星、木星、太陽、水星、パラスからなる水瓶座ステリウムの影響により

これまで信じ込まされ、当たり前とされてきた社会常識がそうではなく

社会制度や仕組みは機能せず、老朽化して役に立たないということを

知ることになるでしょう。

人によっては、TVやマスコミ、報道番組による洗脳が解けていく人も多いでしょう。

 

2021年1月から、社会は混沌としてきそうですが

これらの体験を通して、たくさんの人が覚醒してくるのだと思います。

 

これまでの常識や普通が通用しないということを、念頭にいれておくと

慌てずにすむでしょう。

 

では、2020年ブログを読んで頂きありがとうございました。

2021年も、どうぞよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

 

※水瓶座の土星と木星が、ご自身にどんな影響があるのか詳しく知りたいという方は

下記よりご連絡をお願いいたします。

下記のEmailか、お申込みからご予約をお待ちしております。

(現在は、スカイプ、ZOOMのみです)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/

(お申込みはこちらから↑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。