話題

【潜在意識の力1】ポジティブな事を信念にして生きる

ポジティブな信念は現実を変える

本日の天空では、海王星が月と180度です

自分の感情に対して 取り留めの無い不安や幻想、妄想などを抱きやすいでしょう

でも、水星とは120度で吉相ですから

コミュニケーションでは、夢は広がりやすく、楽しく過ごせそうです

海王星は

皆の夢や希望、妄想、薬物、水の事故、境界線をあいまいにします

人生では、35歳を過ぎて折り返し地点を過ぎる頃には

だいたい誰もが仕事や、家庭、健康など今までのやり方では

解決できない問題が出てきて、人生に息詰まりやすいです

それは、トランジットによる冥王星や、海王星、天王星である

トランスサタニアンという社会天体からの影響とも重なるからです

 

抜け出す策としては

冥王星からの影響であれば社会や家族の価値観ではなく

自分だけの価値観を探すこと

 

海王星なら新たな夢を作りだすこと

 

天王星であれば、社会の価値の中で

自分の価値をどのように見出すのかということで

解決していけます

 

トランスサタニアンの中でも

海王星は潜在意識と関係しています

 

潜在意識というと、自分ではコントロールしづらいのですが

自分の日頃の信念や思いこみからも現実を作れるのです

例えば、
これは、私の友人、知人で40代に起こっている実際のお話です

一人はマーフィーの法則やシークレットを信じており

「自分には絶対、悪いことは起こらない」と日頃から口癖のように言っている人です

この人は、派遣社員から金融業界に入りましたが

そこから正社員となりました。数年後リストラされて他社の面接にいけば

たまたま元上司が面接官で採用されました

その後、リーマンショックの影響でリストラに遭い、海外で全く関係のない仕事をして暮らしていました

でも、金融業界に戻るために毎日勉強は続けていたそうです

1年後、たまたまビザの更新で帰国して

前職の同僚に会い、隣の部署で募集していることを知り応募して採用が決まりました

金融業界では、ブランクや年齢がネックになり

40代は採用されないことが多いのですが、たまたま隣の部署で空きがあり

彼女の仕事ぶりを知っている人達だったことで、すんなり採用が決まったそうです

 

そして、また最近、リストラに合い、金融専門のエージェントに登録に行ったら

たまたま2週間だけ募集しているポジションがあり

面接に行けば、前職の同僚がいて、その人の口添えで採用が決まり

年収も前職同様に変わらず働いているそうです

 

この人、モーター自転車に乗り自転車ごと一回転する事故にあっても

たまたま髪を団子にしていたため頭を打たずに済んだり

引っ越し中に物が上から落ちてきて4針縫う怪我をしても

いつも大事にいたらないようです

これって大切な教訓に思わないでしょうか?

 

もちろん、彼女も悩んだり、苦しいことはあったと思いますが

それでもここまで人生を動かせるって「潜在意識の強さ」としか言いようがないですね

次回は逆の例をご紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。