個々の天体の影響

【金星逆行】知っておきたい蠍座金星逆行の影響と過ごし方(2018/10/6~11/16)

蠍座金星逆行で問われる自己価値と才能と使命

フミコです。

「あなたは自分のことが大好きですか?」

ここでYESと答えられる人は

自己価値が安定しているので

他人からどう思われようと気にしない

そもそも他人のことが目に入らないくらい

自分のことでいっぱいな人かもしれませんね。

 

さて、10月6日から金星が蠍座11度から逆行を開始します。

丁度、11/7までは木星が蠍座にいますから

蠍座色を強く打ち出してくるでしょう。

嫉妬や執着、執念深さなど人間の深い闇の部分がでてきやすいでしょう。

 

具体的にどんな症状がでてくるかというと

今回の逆行期間では、いつもよりも厳しい、愛のムチともいうべき

体調不良や病気やケガ、自己否定感が強くなりそうです。

 

女性なら婦人科系の病気、男性なら生殖器の問題など

男女関係のもつれ、人間関係の悪化

金銭問題や相続問題というような

試練がやってくることで

あなたが持つ才能と自己価値に気づかせるために

あなたの本質や本音をあぶりだすような出来事が起こりやすいです。

 

蠍座というのは、他人との壁というか境界線を外して

相手に深く入り込んで、自分の中の足りないものを補おうとする

破壊と再生のサインです。

ですから、他人や組織、会社との結びつきや絆の中で

自分の渇望に気づきなから、それを満たしていくことで

自分の不足を知ることができますが。。。

自己否定をする必要はないのです。

それは、あなたには、他の充足していたり、得意なこともあるからです。

 

こういう時は、金星力の弱いところがあぶりだされます。

金星とは、身近な楽しみや豊かさ、価値観、社交性だけではなく

才能や資質、センスなど自己価値も意味します。

また、自分の価値観や好きなことに固執して、自分の世界を守ろうと

無理なことはしません。変わらない、普遍を愛します。

 

ご相談でよく聞かれるお悩みとして

「他人が羨ましい」

「自分が嫌い」

「どんなにがんばっても幸せになれない」

こんな感覚があるのは、個人の中の金星力が弱いからなんです。

 

逆行期間には、「自分とは何者か!」という自己価値を問われる

出来事が仕事や家庭、他人のアドバイスを通して起こりやすいでしょう。

 

そんな状況の中で

自分には何もないし、必要とされていない

というような無力感を味わうのか

他人を羨ましい、妬ましい

と羨むだけで終わるのか

選択するのは自分です!

 

本当は、自分の本質と向き合うことが求められているんです。

だから、ここで他人と比較する意味は全くないのです。

自分が持っているものを数えましょう!

 

あなたの人生は、あなたしか作れないから

自分がどうしたら幸せになれるのか

そのためには、どうしたらよいのかを

現在の自分から考えることが大切なんです。

それは、自分が宝の持ち腐れをしている可能性があるからです。

 

自分の才能に気づき、最大限に利用することが

あなたを輝かせて、豊かさと繁栄を与えて

自己価値を安定させてくれるからです。

 

例えば、

何をしている時が一番輝いているのか

何が好きで、何が楽しいと感じるのか

何をすることで社会や人に貢献できのか

 

自分の価値・能力・使命”に気づく期間です。

 

落ち込んでいる時間はないですよ!人生は、意外と短くはかないから

ダメ出ししているなら、少しでも自分に自分が優しくするか

何か好きなことをして気分転換しましょう!

それが、自己価値を守る糧になりますよ!

ファイト!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。