占星術で世の中の出来事を読み解く

追悼3.11:東日本大震災とNZ沖大地震との相関性をチャートで読む

3/5NZ沖地震は日本への地震につながる?

明日3月11日は、東日本大震災が発生してから10年となります。

そんな中、3/4~3/5日にかけて

南太平洋のニュージーランドの北島の沖合やケルマディック諸島の沖合で

マグニチュード7~8を超える地震が相次いで発生しました。

 

 

毎年3月になると、2011年3月11日に起こった東日本大震災の惨事を思い出しますが

私は関西出身ですから、1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災の記憶も

重ねてよみがえってきます。

 

2月10日にニュージーランドでM7.7の地震が発生した後

2月13日には、福島沖でM7.1の地震が発生していましたから

何らかの相関性があるのでしょう。

 

武蔵野学院大の島村英紀特任教授は、3/5日に発生したNZ地震は

「東太平洋から日本まで約1万キロに及ぶ太平洋プレートが起こした地震で

日本の地震と兄弟分といえる」と分析されています。

 

今回は、3/11の東日本大震災への追悼の意味も込めて

3/5のM8.1地震と日本のチャートを比較してみます。

 

3/5 に発生したNZ沖地震のホロスコープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

双子座15°ドラゴンヘッドと射手座15°ドラゴンテイルからなるノード

軸に対してテール側に射手座20°のジュノーがコンジャンクションです。

サビアンシンボル16°は、ないものねだりで対立する要素が

流れてくる「寝耳に水」の度数です。

 

そんなドラゴンテイルに射手座ジュノが重なることで

コロナ収束に向けた理想の社会に向けた準備をしていると

過去の因縁が掘り起こされ、自由を犠牲にするような無理強いを強要します。

 

そこに乙女座14°のベスタ、魚座14°の太陽と20°海王星の合が加わり

柔軟サインのグランドクロスができています。

 

海王星は水害、水の事故だけでなく、 喪失や失望を意味し

そこに太陽が加わることで、既存の世の中や社会に対して

ベスタが 何らかの犠牲、損失や不況へとつなげていきます。

どんな犠牲を強いるのでしょうか?

 

ベスタにノード軸やリリス、海王星が関わると、地震や台風など

災害や被害を増大させる役割がありますから、注意が必要です。

 

また、大衆を意味する射手座2°月は

双子座0°火星、水瓶座29°パラスと柔軟サインの T スクエアを作りますから

火星とパラスによる(地震、コロナ変種やワクチン副作用、暴動)

によって、大衆は傷つけられ、制限を強いられます。

 

その傍らでは、水瓶座8°土星と牡牛座7°天王星がスクエアですから

価値観の違いから来る分断社会は続きます。

 

※土星と天王星のスクエアの影響は2021年、土星と天王星で3回起こる スクエアの意味

で書いています。

 

ノード軸は、カルマや因縁、大勢の人を意味しますが

ドラゴンテイルにマレフィックのジュノが関わることで

過去、地の時代の清算とも取れます。

 

2月は、NZ地震があり、3日後に日本も地震があったので

3/5日に発生したNZ地震も、日本に影響があるかもしれませんから

念のための備えは必要です。

 

2021年3/11日、東日本のホロスコープ

立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授は

「2011年当時も南太平洋のバヌアツ周辺で地震があると日本でも起きる『バヌアツの法則』

という都市伝説がささやかれた。

近年、口永良部島の火山活動やフィリピンの地震など

太平洋プレートの動きが活発化しており、日本も注意すべきだ」と指摘されています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は変われども、日付が近いので3/6と3/11は大きく変わりません!

双子座14°ドラゴンヘッドと射手座14°ドラゴンテイルからなるノード軸に対して

テール側に射手座21°のジュノーがコンジャンクションです。

 

サビアンシンボル15°は力のピークであり、そこだけ落とし穴が開いた

行き止まりのような性質がありますから、エネルギー溜まります。

ドラゴンテイルに射手座ジュノが重なることで、因縁的なよくないことが吹き出し

損害に広がるタイミング待ち状態です。

 

そこに乙女座12°のベスタ、魚座20°太陽と海王星、17度の金星の合が加わり

柔軟サインのグランドクロスができています。

 

海王星は水害、水の事故だけでなく、 喪失や失望を

金星はお金や経済、価値観を意味しますから

そこに太陽が加わることで、既存の経済活動や社会に対して

ベスタに促されて、 何らかの犠牲、損失、災害を促すかもしれません。

 

ベスタにノード軸やリリス、海王星が関わると

地震や台風など災害や被害を増大させる役割があります。

 

その傍で、水瓶座9°土星は、牡牛座8°天王星と10°リリスの合とスクエアですから

牡牛座天王星とリリスによって、時代に合わない非現実的な物を淘汰していこう

という時代の流れがあります。

 

また、3/12日は新月で、何かが始まりますが

それが現実的に見えるものとは限りませんし

その前後に何かが顕在化してくることもあるでしょう。

 

2011年3/11東日本大震災のチャート

2011年2月22日、ニュージーランドのクライストチャーチ市付近で

M6.3の地震が発生し、日本人留学生を含む185人の死者が出ました。

 

翌月、3/11日14:46分、東日本大震災が発生し、地震後の大津波、火災等により

東北地方を中心に12都道県で2万2000人余の死者(震災関連死を含む)と行方不明者が発生しました。

 

下記は、2011/3/11 14:46の東日本大震災時のホロスコープです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

双子座28°ドラゴンテイルと射手座28°ドラゴンヘッドからなる

ノード軸に対して、魚座29°天王星、乙女座21°ジュノがスクエアで

柔軟サインのグランドクロスを作っています。

 

サビアンシンボル29°は、次のサインへの引越し準備の整理度数と言われ

そのサインの考えや価値を相対化して、するべきことを終えてから

次のサインに移行する準備をします。

 

魚座的価値を90%捨てた天王星と乙女座21°のジュノが

ドラゴン軸を調整します。

 

その傍らで、国民を意味する月に対して

魚座2°キロンと水瓶座29°海王星の合がスクエア

山羊座7°冥王星が150°で圧力をかけてきます。

 

水瓶座海王星と魚座キロンは、津波による大被害で

国民を飲み込み、心の傷やトラウマを作り

山羊座冥王星が、国民生活や生命を破壊していきました。

 

建物は再生されても、亡くなった方や行方不明者は

生き返りませんから、辛い出来事でした。

 

2011年東日本大震災と2021年の共通点

災害に備えるためにも、念のため2011年の東日本大震災との共通点を挙げておきます。

 

  • 2021年2月はバヌアツの法則が発動した
  • 双子座・射手座からなるノード軸を含む柔軟サインのグランドスクエア形成
  • そのスクエアにはジュノかベスタが含まれる
  • 天王星が何らかの天体とスクエア

 

以上のような共通点がありますが

2021年3/11の東日本のチャートでは、国民を意味する月を傷つけるハードアスペクトがなく

柔軟サインから活動サインへと移動するトランスサタニアンもないので

2021年3月は、大地震へとつながらないのではないか!と予測しますが

 

ですが、2011年の東日本大震災から10年の節目であり

バヌアツの法則もありますから

念のため備えておきたいところです。

 

おしまい

(現在は、スカイプ、ZOOM鑑定のみですが、要相談です)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/
(お申込みはこちらから↑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。