月・金星・火星・土星の影響

自己肯定感を上げて未来の可能性を引き出す方法

自己肯定感が低いと人生がうまくいかない

仕事や人生が上手く回っている人、成功している人というのは自己肯定感が強い人です。

自己肯定感は、両親、学校の先生や友達との関係によって幼少期に作られていきますが

これが育ちにくいのは日本独特かもしれません。

 

日本の社会では、どれほど才能があっても社会の求める基準に達していないと

周囲の人間から批判されたり、時には責められ、褒めて貰うことが少ないので

多くの日本人は、自分を減点法で評価する習性が身についています。

 

自己評価が低いと、物事の最終段階で急に自信がなくなったり、意味もなく不安に駆られる

ようなことが起こります。

 

人には持って生まれた性格や長所、個性があるわけで、 魂的に解釈すると

生まれ落ちた社会の常識や価値観に従うタイプもいれば

社会の主流に従わないアウトロー的な価値観を持つ人もいますから

皆が常識的であり同じ価値観を求める方がおかしな話なのです。

 

ですから、本来の自分のエネルギーに気づかないまま社会の価値観に従って生き続けていると

人生のどこかでつじつまを合わせるために、鬱や病気になることもあります。

 

12サインの中で、自己肯定感が一番低いのは山羊座です。

私の鑑定を受けてくださる方は、太陽や月、金星星座のサインが山羊座の方が多く

努力家でコツコツと何かを積み上げていらっしゃるのに、さらに足りない何か正解を求められます。

 

私も月星座が山羊座ですから、この方々のお気持ちも痛いほどわかりますし

日々、どれほど頑張っておられるのかはチャートが語っています。

 

山羊座は、地のエレメントに属しますから「安定・安心」が大事で、その為に社会的なステータス

や権威を求めます。

また、支配星は土星ですから、「~しないといけない、するべき」という世間の常識や

他人の基準による影響が意識に入ってきやすいです。

 

「~しなければならない」という義務感や責任感が強いだけでなく、勤勉で忍耐力があるので

コツコツと目標を達成するために合理的、効率優先で努力しますから

人よりも達成数が多いので、自分が全てをコントロールできると勘違いしやすく

頑張りすぎて脳疲労状態になりがちです。

 

そんな山羊座ですから、目標が達成できないと、自分を責めたり、罪悪感を持ちやすいので

山羊座が気づくべきことは、自分を認める「自己肯定感」です。

 

これからやってくる水瓶座時代をコロナ禍と共存しながら生きていくためには

自分が自分の味方でないと(自己肯定感をもつこと)、自分が思い描く未来を手にすることは難しいです。

 

私の30年に渡る会社員経験からみても、自己肯定感が高いと、容姿や能力に関係なく

結婚して会社の中で高いポジションに就いている女性が多いです。

 

今回は、自己肯定感を上げて心の自由度を広げることで、日々のストレスを少なく生きていく方法

について書いています。。

 

自己肯定感の上げ方

多くの人は、仕事で失敗したり、思うような結果を得られなかった時には

あの時こうしておけばよかったと後悔して自分にダメ出しをします。

責任感があって頑張り屋な人ほど、目標基準が高いので「こうあるべき、~でなければならない」

という思いが強く、その基準以下のことにはダメ出し「バツ・X」をつけます。

 

うまくいった自分には「マル・〇」をつけて、そうでない自分に「バツ・X」をつける行為は

自分を傷つけることになり、潜在意識ではアクセルとブレーキを同時に踏んでいるため

矛盾を起こします。

そのため、どんなに努力してもなりたい自分や仕事、人生を手にすることが難しくなるので

自分にダメ出しをする「自己否定」は、自分が自分の人生を潰している行為となります。

 

自己否定をやめるには、どんな自分であっても自分を認める、褒めることから始めます。

自分を責めてしまう時、 自分を理解してくれる味方がいない時こそ「自分に OK を出す」ことで

見えないもう一人の自分(潜在意識)を味方につけます。

 

ダメな自分を責めたい時ほど、自分が味方となり自分に寄り添いながら

ダメな私に「OK」を出して自分を救うことが、あるがままの私を承認する

「自己肯定感」につながります。

 

自己肯定感が高まると現実に対する不安が和らぎ、自分に自信が出てくるので

自分を俯瞰的に見られるようになり、チャンスを掴みやすくベストの選択ができるようになります。

 

悩んでる気持ちをそのまま認めながら肯定を続けると、意識に変化が起こり状況が変わりますから

毎日続けることで、自己肯定感を上げると無理だと思っていたことができたりします。

 

また、「今この瞬間に、自分は何を感じているのか」自分の気持ちにフォーカスして

言葉に出すようになると、一人の時だけでなく、どこでも、誰に対しても同じようにリアクションが

できるようになるので対人関係が変わってきます。

 

過去の自分を肯定することで未来を変える

今のあなたは、過去のあなたの行動による結果の集大成ですから

未来を信じられない時は、過去の自分が頑張ってきたからこそ「今の自分が存在する」ことに気づくことです。

 

何かができたり、やりたいことが少し前進する度にできたことを数えると

過去よりも前進しているはずですから、今の自分と過去の自分の達成度を比較することで

「自己肯定感」が高まります。

 

未来がどうなるかわからず不安や焦りがある人は、これを続けることで

何が起きても大丈夫と言う安心感が芽生えてきます。

 

過去の自分を肯定すると、過去の自分が愛しくなり感謝したくなりますから

過去の自分に対して「ありがとう」と口に出して伝えることは、潜在意識に伝わるので

続けることで、未来からのひらめきが手に入りやすくなります。

 

ですから、結果を出すことに意識を向けるよりも、結果を気にせずこれまでの自分が経験してきた事や

過去の自分を肯定することが大切です。

 

また、自己肯定感が高まると、他人のことが気にならなくなり、人間関係の悩みに使っていた

エネルギーが減ります。

 

人間関係の悩みは、自分が正しく相手が間違っているという前提から

相手を思い通りにしようとする気持ちの表れです。

「なぜそうなるのか?どうしてやらないのか?」他人を理解することはできませんから

そういう相手だと前提にして、今の自分ができることにフォーカスすることです。

 

他人のやり方や行動にバツをつける、他人を信頼することが難しく任せることができないと

自分一人で全てをやらなければならず、負担が大きくなるので頑張りすぎます。

 

1日24時間という時間の中で生きていますから、一人で何かを全て完璧にやることは難しく

今できることとできないことを決め、期限までにやらないければならないことを優先して

後は何もせず、成り行きに任せることも時には必要です。

 

あなたがやるから誰もやらないだけで、あなたがやらなければ誰かがやってくれるかもしれません。

 

自分を知り自己肯定感を上げて未来の準備をする

自己肯定感を高めて、自分の人生にフォーカスできるようになると、人間関係と共に

日々のストレスが少なく、思ったことが実現しやすくなります。

 

ですが、自分の本音や感性など「自分」を理解していないと、他人からは言動と行動の矛盾が見えて

ちぐはぐな人と映ることが多く理解されにくいです。

自分がどうなりたいのか明確な人ほど、自分の特性が分かっているので、とるべき行動ができています。

 

占星術的にいうと人生を創っているのは、気分や気持ちを意味する月の欲求があり

その動機を基に太陽が人生を創りますが、そこには知性や手段の水星と情緒や感性の金星がいて

土星が最終的にまとめています。

 

ジオセントリックチャートは、地球で適応していくための地図のような役目を果たします。

天体同士のアスペクトを一旦横において、サビアンシンボルだけで読んでも

その人本来の人生がわかりますから、自分を知る手がかりになります。

 

たとえば、次のようなサインと度数を持つ女性がいます。

  • 山羊座月27°
  • 蟹座太陽28°→蟹座水星12°+乙女座8°
  • 牡羊座土星12°

 

山羊座27°サビアン28°「大きな養鶏場」。

養鶏場は山の上にあり、鶏は情報や能力を意味するので、頑張って高見に辿り着いた人のみが得られる

特権があります。

山羊座27°の月の欲求は、努力して高みを目指すことで、人よりも抜きんでようとします。

 

この欲求を叶えるのは、蟹座太陽28°サビアン29°「双子の体重を測るミューズ」。

ミューズは女神であり、蟹座の価値観である「感情」と獅子座の「直感」を知性と思考の天秤にかけて

バランスよく取り入れながら、山羊座月の欲求に従い人生を作ります。

 

月と太陽が求める人生(特権を得るために感情と直観を駆使しながら社会で居場所を作ること)

を遂行するためには、知性と感性、社交性が必要になります。

 

蟹座水星12°サビアン13°「とても目立つ親指が少し曲げられた手」で、自分の意志を通すために

他人の感情を察して行動する知性を使い

乙女座8度金星サビアン9°「未来派の絵を描く男」で、誰とも同じでなく、ありきたりに満足しない

個性的な感性を押し出すことで、29°の太陽が「感情と直観」を判断する基準を作りだします。

 

これらをまとめるのは、牡羊座土星12°サビアン13°「成功しなかった爆弾の爆破」です。

牡羊座らしい突発的な衝動とチャレンジ精神で、新しいことや誰もやったことがないことに

挑戦することで、失敗しながら次の取るべき行動を見据えます。

 

この行動を繰り返し続けることで

山羊座月の気持ちが落ち込んだり、心身がボロボロになった状態を立て直し

蟹座太陽が暴走しないように制限をかけてコントロールするのです。

 

水瓶座時代を生きていくためには、「私らしく生きる」個性化が必要になりますが

それを創るためには、自分のことを知るだけではなく、自己肯定という自己信頼が必要になります。

自己肯定は、私らしく生きるためのベースとなる意識です。

 

どうか自分で自分を苦しめることを止めて、心の自由度を上げてくださいね。

おしまい。

 

※ご自身の生きていく方向性、才能や適職を知りたいという方は、下記よりご連絡をお願いいたします。
下記のEmailか、お申込みからご予約をお待ちしております。

(現在は、スカイプ、ZOOM、メール鑑定のみです)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。