時代を生きるヒント

人生の転機を活かして新しい可能性を掴む方法@ターニングポイント・リーディング

心がザワザワする!こんなお悩みありませんか?

 

相談者Aさん
昨年は、すごく順調だったんですけど
今年は5月からどん底で、何をしても裏目に出てこれまでの勝ちパターンが使えなくて
ずーっと、心の中がざわざわして
新しい仕事も彼氏も、自分の選ぶもの全て失敗な気がするんです!

こんな相談は、よくいただきます。

大体、こういう時は人生の転機のことが多いです。

まずは、Aさんのホロスコープを読んで解説していきます。

 

ホロスコープで読む基本的な性格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A さんは、行動力に富み、物事の調整役として活躍するタイプであり

合理的に考えて行動されるようですが

周りの空気を読みすぎるため、その場の雰囲気や人の感情に敏感に反応したり

感情に流されやすいので

自分を強く出すことで、自分を守っているところがありますね。

 

それが、相手にも伝わるので敵味方ができやすい

本音と建て前をうまく使い分けられないところがあって

人間関係で損をしているようなところがあるでしょう。

 

何事も結果を求めるタイプで

仕事になると男性エネルギーを発揮して男性と競おうとしたり

自分が優位に立とうとなりやすいので

男性からライバル視されるようなこともあるでしょう。

 

理想家で自由を求めるし、可能性を追求したい

その上、向上心に富んでいるので

人生の意義や高い理想を求めているようなところがあります。

 

そのため、働きすぎるか、全く働かないかのどちらかに傾きやすく

ワーカホリック的ならば、頑張りすぎて体調を壊すことがあるので気をつけましょう。

 

基本的に楽しむこと、遊びを通して人生を作っていこうとするので

公私のバランスをとるのが難しいこともあるでしょう。

 

また、 高い理想を実現するために合理的に結果を出そうとして

努力もするし、職人気質的に仕事をされますが

情に流されやすく、客観性に欠けるので

努力が報われないことも多いですね。

 

ターニングポイントとテーマを知る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年の年齢のテーマは

「理想に向かって、上手くいっていないものをリセットして

新しいものを取り入れる」ことです。

新しい扉(可能性)を開ける時ですね。

 

これまでの経験や準備してきたことによって

新しい環境へとシフトして、あなたが「望む私」になるタイミングと言えます。

 

新しい環境に順応していくために、理想的なスタイルを創る時期なので

自分軸がしっかりとしていれば、環境が変わっても

自分らしさを失うことなく、新しい場所に適合できるはずです。

 

今は、生き方、働き方、自分の本質、パートナーを含む人間関係を通して

適応すること、他者との折り合いをつけること、本質をつかむこと

が求められています。

 

そのためには広い視野が必要で、色々と探究していくことで

創造性と想像力が鍛えられマインドセット体験している状態です。

 

これまでの自分のパターンや考えを一度リセットして

新しく生まれ変わるためには、他者や環境に従う。

 

自立心が強いAさんには辛いでしょうが

環境や他人のやり方を一度、受け入れ従い真似てみることは

自分にとって腑におちなくてイライラさせられたり

怒りや自己嫌悪を体験させられことも多いでしょう。

 

ですが、うまくいくとやる気や自信が出て

気持ちを高揚させられる出来事を体験できます。

 

好奇心を持って、謙虚に色々と学ぶことで

あなたが蓄えてきた知識と経験を応用させると

新生Aさんに生まれ変わります。

 

今年の出会いは、縁に導かれている可能性が強く

人間関係を通して、後々何か本質を見出せそうです。

 

今は自分のやり方に拘ったり、文句を言うよりも

流れに従い、うまくいっている人のマネをしたり

周りの環境に適応してみることです。

 

今のAさんにとって必要なことは

「過去のパターンにとらわれない」ことです。

 

私はこうしたいけど

今までやって来たことと違うから

できるわけない、、、

 

過去に繰り返されてきたパターンやデータは

一度全部リセットして

思い描く理想の人生、未来をイメージして

新しいやり方を試してみることです。

 

ターニングポイント周期と起こる年齢

Aさんにとって、今の年齢が転機に当たりますが

ターニングポイントとなる転機がくるのは9年周期で

「理想に向かって、うまくいっていないものをリセットして新しいものを取り入れる」

という同じテーマが

18歳、27歳、36歳、45歳、54歳、63歳、72歳で起こります。

 

この特定年齢では、自分が意図したことは叶いづらく

これまでの環境は強制的にリセットされて

新しい環境で、新しいことを始めるようにセッティングされています。

 

本人にとっては、苦しくて、逃げたくなるような環境であることが多いものの

その後は、新しい実りを手にいれることができる人生を活性化させる転機です。

 

最初の強制的なまでの逃げたくなる環境でも、頑張れるのは

Aさんの基本的な性格によるところが多く

理想を実現させるために、努力し、分析する傾向が高いからです。

 

ですが、面白そうだったり、楽しそう、自由度が高そうな環境なら

苦労して習得した技術や経験、知識を捨てて飛び込むような性質もあるので

 

Aさんにとって、9年周期の「刷新・リセット」パターンは必要といえるかも

しれません。

 

相談者Aさん
18歳で第一志望の大学受験に失敗して、不本意な学生生活を送ったけれど
それがきっかけで留学することになりました。
帰国してから、27歳でゼロから新しい業界で業務をしたことは
人生の軸となる仕事に就くきっかけとなりました。
36歳は、パワハラ、リストラによって、業界を辞めた年齢でした。
9年周期を人生に活用します!

 

今回はAさんのターニングポイントを読み解いてきましたが

人によってテーマや周期は異なり

誰もが人生のターニングポイントとなる転機となる年齢を持っています。

 

自分を知り、人生パターンを利用すると、人生で起こる出来事を利用して

人生を好転させることもできるのです。

 

人生のターニングポイントを知るメリット

「自分に起こる人生の転機となる年齢やテーマ」を知っていれば

特定の出来事や人に執着したり、固定観念から解放されて

本来の自分らしさを発揮して、使命や目標に取り組んでいけるでしょう。

 

また、人生であせらず、あわてず、次のステージに向けた準備ができます。

 

人生には、出会いや旅立ち、停滞、発展などさまざまな機会がありますが

起こるでき事には、すべてに意味があり、あなたがどう捉えるかで未来は変わります。

 

今の自分がどういう時期で、これから、どういう流れが起こるのか

ご自分の人生のターニングポイントを知っておくと、世の中の激流に飲み込まれて

自分を苦しめたり、否定することはないのです。

 

人生のターニングポイント・リーディングでわかること

  •  人生の転機とテーマがわかる
  • 転機を逃すことなくチャンスを掴まえられる
  • 望みや未来がハッキリしてくる
  • 可能性が広がり選択肢が増える
  • 転機の活かし方がわかる

 

人生のターニングポイントとテーマを知ることで

過去に果たせなかったことのリベンジや、チャンスを掴んで新しい可能性を開けるので

才能を様々な場で発揮することができるように、人生が動きだします。

おしまい

 

あなたも自分のターニングポイントをを知って、新しい可能性の扉を開けてみませんか?

こちらからご相談ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。