新月・満月・季節エネルギー情報

2021年秋分から日本はどうなるの?今後3ケ月を幸せに過ごすためのヒント

秋分から価値観のアップデートが必要になる

9月に入り、菅総理退陣、真子様の御婚約内定と物事が動きだしています。

 

前回のブログでは「9月にやっておきたいこと」を書きましたが

菅首相の退陣で日経平均先物急騰でも、今個人がやるべき2つのこと

 

そんな流れを引き継いでいるのが9/23日の秋分です。

 

全く出口が見えない緊急事態宣言が延長される中

ワクチン接種を条件に県境またぐ移動など、制限緩和の動きが出そうですが

9/29日には自民党総裁が決まり、10月か11月には日本の行く末を担う衆議院が行われ

国民の真意が問われることで、日本の命運が決まる3ケ月です。

 

そんなわけで、夏の疲れがでてくる季節ですが

2021年の冬至まで「日本がどうなっていくのか」

秋分からの3か月を幸せに過ごすためのヒントを、ホロスコープで読んでいきます

 

これを読むとあなたは

秋分からの3ケ月の時代の流れがわかり

あなたが望む未来の準備や計画が立てられるだけでなく

幸せに過ごすための考え方や行動のヒントがわかります。

 

ひと言でいうと

秋分からは、風の時代を生きていくための価値観のアップデートが必要になります。

水星逆行もあるので、不要な習慣や思い癖、人間関係に縛られて

あなたが自分を苦しめているならば、生活全体を振り返る時間を作ってくださいね。

これからは、どんなライフスタイルを作っていきたいのか、再確認する時です。

 

今、あなたの状況がしんどいならば、「こうするべき」「こうあらねばならない」と

思ってきたことを見直す時期と言えるでしょう。

 

世の中や他人よりも自分が満たされるために、限りある時間を使っていきたいものです。

 

では、あなたが幸せに過ごすためのヒントを、ホロスコープから読んでいきます。

 

秋分から日本はどうなっていくのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、人の移動を通してコロナウィルス感染者も増加していきそうです。

多くの人は、組織や社会の基準に自分を合わせ

義務やニーズに応え続けることに限界が出てきます。

 

弱者はさらに理不尽な状況へと追い込まれやすく

個人の意思や自由を通そうものなら、同調圧力によって

批判され、戦わねばならない状況が色んな場所で起こるでしょう。

 

そんな中でも、国民は政府による決定事項を受け入れるしかなく

知らされる情報も、権力者に都合よく操作されたものが多いので

犠牲を強いられる状況は、これまでと変わりませんが

信じるモノや行動によって、受け取る結果は明暗がハッキリと別れます。

 

昨年からの自粛や時短、休業要請など政府の「お願い要請」に従ってきた飲食店は

これ以上の要請には堪えられないところまで疲弊が進み倒産

閉鎖に追いやられるお店ががある一方で

要請に応じないお店は存続するという、正直者が馬鹿を見る事態は続きます。

 

また、コロナに感染した国民の多くは、医者に診てもらえないまま死ぬリスクを

負わされたまま自宅療養を求められたり

保健所にも医者にも連絡が取れず、急に病状が悪化しても見てもらえないまま

亡くなるようなケースが増加する一方で

芸能人や政治家はすぐに入院できるというような格差は続くでしょう。

 

国民の自由や楽しみたいという思いは、Go to再開により膨らんでいきますが

一時的な夢に終わる可能性がでてきそうです。

 

また、秋は防災の季節ですが、地震や長雨による土砂災害の危険がありそうです。

 

唯一の救いは

これまでの世の中の決定事項が「正義と公平さ」という基準によって

見直される可能性がでてきます。

 

これまでの行き過ぎた権力主義や不平等さは、少し緩和されて

公平な社会へとかすかにシフトを始めます。

 

口先だけのやっているふりをされてきた公約は

世論によって現実問題としてスポットライトが当たり

時代に合わないものを淘汰され、公平で社会の為になる現実的対処が始まりますが

その効果が出てくるのは、まだ先のことになりそうです。

 

水星逆行は人間関係を振り返り見直す

秋分が終わり、9/27から10/18日までは天秤座で水星が逆行します。

水星は交通、情報、コミュニケーションを意味する星ですが

 

今回は天秤座で逆行するので

人間関係や契約の交渉や約束に関する事柄は

計画の見直し、仕切りなおしなど、遅々と前へ進まず見直す時間となります。

 

同じく火星も天秤座にいるので、お互いがすこしでも有利な立場をとろうとする

争いによって、決まらない、決められないというような足踏み状況になります。

 

水星逆行は、しばらく風のサインのなかで起こっていきますから

2020年12月から始まった風の時代の感覚や変革が社会から始まり

私たちの日々の生活にまで入ってきます。

 

水星逆行中は物事が進まず「悪い時期」と思いがちですが

「振り返りと見直し」「再調整」ができる貴重な期間だと割り切って

ずっーと後回しにしてきたことを片付けたり、やりたかったことを始めるなど

季節ごとの「日々の仕切り直し」として活用しましょう。

 

この時期、あなたが「しんどいなあ」と感じていることがあるなら

人間関係や行動で無意識にやっていた「疲れさせる習慣」を見直す時です。

 

秋分からの3ケ月を幸せに過ごすためのヒント

本来なら春分から始めたことの実りを収穫するのが、秋分ですが

2021年は、緊急事態宣言か蔓延防止条例下による行動が制限されたり

コロナ感染者爆発という状況だったこともあり

思うように物事が進まなかった人も多いかもしれません。

 

そんな事情を汲み取ってか、今年の秋分図では

「新しい人生」「新しい私」を獲得するために

思い切ったチャレンジをすることを促しています。

 

あなたが望む幸せに繋がるかどうか、将来のプラスになるかを見極めた上で

思い切ってチャレンジすることで

望みを叶えるために必要な人と出会いやすい星回りです。

 

長年、社会や企業の慣習や上下関係によって、個人の自由や

対等な関係、公平さは犠牲になってきましたが

これからは、もう我慢する必要はありません。

 

周囲の反応を気にしたり、評価されることを期待して

自分の気持ちを伝えない、自分を犠牲にして我慢してきた人は

これまでやってきた負担に感じる習慣や行動を変えて

負担な人間関係と距離をおくことです。

 

先ずは、これから3ケ月で、あなたができることから始めましょう。

 

これからの3ケ月を幸せに過ごすために重要なことは

  • 2021年を生き抜き頑張ってきた自分を労い、肯定してあげる
  • 世間や他人の反応を気にするよりも、あなたの楽しみに気持ちを向ける
  • あなたがやりたいことは積極的に関わり社会にアピールする
  • 1つだけ、あなたにとってムリだと思うようなことにチャレンジする

 

正しさや幸福の定義は、時間とともに変わってきます。

あなたの状況が今しんどいならば、「こうするべき」「こうあらねばならない」と

やりたくないこと、負担に感じるものを止めるか、減らして

自分の気持ちを満たすものを取り入れましょう。

 

望む未来の「新しいわたし」なら、どんな行動をするのかイメージして

行動してみるのも良いでしょう。

 

3ケ月あれば、何かを「がらりと変える」ことは可能ですよ。

 

あなたが自分を変えるために、どうしたらいいのかわからないならば

こちらからご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。