適職の見つけ方

風の時代に対応する生き方をヘリオセントリック占星術で探す@ライフシフトリーディング②

風の時代を生きるために意識の次元を上げる

「どうすれば自分らしく生きられるだろう?」「 人生を変えるにはどうすれば良いのか」

働くことが日常である私が、理想的な生活を手にいれるために考えていたことです。

 

今より、もっと幸せになりたい、このままではいけないと思うならば

意識を変えるしかありません。

日々の生活に天体エネルギーを活かしていくと、意識と行動が変わるので

大きなトラブルもなく、意図せずとも物事がスムーズに進んでいきます。

 

風の時代を生きるために、より活躍していくにはどうすればよいのか?

それは、意識レベルが異なる占星術を利用して可能性を開く

ヘリオセントリック占星術です。

従来の占星術(ジオセントリック占星術)は、 地球で適応していくための生き方を読み解きますが、地球は宇宙の中心ではありません。

 

地球社会に適応した生き方は、主観的になりやすく「やりたいことをやっているのに楽しくない、このままの生活でよいのか」というような、どこかで行き詰りがでてきます。

 

それは、左図1~3次元意識(ジオセントリック)の段階で止まっているからです。

 

これまでの山羊座的な社会で、物質を消費し、目に見えるものだけを重視する生活では問題ありません。

 

ですが、これから始まる「風の時代の意識と波動」に対応して活躍していくには

人為的な努力を超えるエネルギー、上記4~7次元意識(ヘリオセントリック)が

必要になります。

 

ヘリオセントリック占星術は、太陽エネルギーを地球に持ち込むことで

太陽の持つ創造性を利用しますから、これまでの意識(1~3次元)レベルに

プラスα(4~7次元)意識が加わるので、時代が求める生き方につながります。

 

この意識が加わると、自分の才能を最大限発揮するための新たな可能性が

わかるので、他人を羨ましいという思いや自己否定が減ります。

 

自分の人生に集中することで、これまで漏れていたエネルギーが極まるので

人生ステージが上がり、最初に意図したことよりも良い結果が手に入ります。

 

私たちが生まれてきた目的は「魂の進化」ですが

魂の器である人間が、自分の才能を最大限発揮すると進化が加速して

才能を存分に発揮して、個性を才能として稼いでいけるようになります。

 

そこに気づかせるために、牡牛座天王星や水瓶座土星が効力を発揮してくるのが

2020年12月22日から始まる風の時代です。

 

自分の生活に息苦しさや、積極的に人生を切り拓いていきたいと思うなら

ヘリオセントリック占星術的で、意識の次元を上げて、可能性を広げることです。

 

今回は、意識の次元を上げて、未来の可能性を探すヘリオセントリック占星術をご紹介します。

 

ヘリオセントリック占星術で未来の可能性を探す

ヘリオセントリック占星術を利用して、太陽エネルギーを地球サインに持ち込むと

宇宙的視点で生きることになり、風の時代に始まる「意識と波動」に

対応した生き方につながります。

 

ですが、意識の次元をいきなり上げることは難しいので

その手段として地球サインと水星を利用します。

 

ヘリオセントリックの地球は、地上に太陽の力を持ち込むことで

生まれて来た使命がわかり

水星は、太陽から最初に分割された惑星として「どのような方向性で一歩を踏み出すか」

という太陽の意図・方向性を意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ヘリオセントリックチャート>=太陽中心意識

 

地球の使命と水星の可能性発掘力

  • 地球:1ハウス山羊座28°サビアンシンボル「お茶の葉占いをしている女性」
  • 水星:1ハウス水瓶座26°サビアンシンボル「スミレで満たされた古代の陶器」

 

<山羊座地球の使命>

この人が地球でやるべき使命(+マーク)は、山羊座がテーマになります。

山羊は均衡感覚に優れているので、狭い場所でも安定して立てる強みを活かして

自分の立ち位置を正確に把握し、その場の特性や立場をわきまえながら役割に徹します。

 

山羊座地球28°のサビアンシンボルは「お茶の葉占いをしている女性」ですから

お茶の葉占いという未知の情報(水瓶座意識)と、現実をすり合わせることで

自分が与えられた場所で、自分がやるべき役割を適切にこなしていきます。

 

また、1ハウス山羊座地球28°には

8ハウス乙女座天王星24°がトライン、10ハウス蠍座海王星22°が

セクスタイルのアスペクトを作り、また付近には恒星が重なるので

これらを合わせて山羊座的な使命となります。

 

サビアンシンボル乙女座天王星25°「半旗として掲げられた旗」は

半旗を掲げる行為は西洋文化では弔意を示し「リセット」を意味します。

 

25度は完成度数ですが、その付近には21°にデネボラ、23°にアルケス

という恒星がいるので、アウトサイダーとして常識的な見解を疑い

世間の常識から外れたところから物事を見て、集団に交じることを嫌い

状況や集団を観察します。

また、霊的なものや、預言的なものを受け取り、その意義を見出します。

 

サビアンシンボル蠍座海王星23°「妖精に変容するウサギ」では

ウサギが妖精という超生命体に変容しますが

蠍座23°付近には、19°にズベン・エシャマリ、23°にアゲナという恒星がいるので

特定の人をえこひいきする癖や、社会の中で個人の利益や権利を守ろうとするので

特に、恋愛関係では加害者か被害者になりやすい傾向があります。

 

地球でやるべき山羊座的使命とは

既存の常識的な見解を疑い、集団から距離を置きながらも

時にスピリチュアル的な閃きも合わせて、その場に適切な判断を下すことです。

それは、時に個人の利益や利権を守ることになるので

その場をリセットさせて人生を軌道修正することもあります。

 

また、山羊座は活動サインですから、何も考えずに受け身に回ることを嫌うため

人に指示された仕事のみを行う業務は、苦痛を感じやすく

自分の頭で考え積極的に働きかける生き方も重要です。

 

水瓶座水星で可能性発掘

自分の可能性を「どこで、どのように発揮するのか」を探す手段が水星です。

水星は1ハウス水瓶座26°にあり、10ハウス蠍座24°海王星とスクエアです。

 

水瓶座は嗅覚を表しますが、匂いは物質が分解されて、その微細成分が空気中に漂うことで

察知されるため、水瓶座水星は物事の周りに漂う気配を読み取り、直感力を使って 様々なことを

先読みしながら、自分を活かす場を模索します。

 

また、水瓶座23°にサダルスードとデネブ・アルゲティ恒星がいますから

直観力を使うことで霊的な絆や縁ができやすく、そこから幸運が入ってきたり

自己価値に基づいた正義感から人を助けることにも意欲的です。

 

1ハウスの水星は、 コミュニケーションのやりとりが早い反面、興味も移ろいやすいですが

サビアンシンボル27°「スミレで満たされた古代の陶器」から、古い伝統と現在感性を融合

させた考え方をします。

権威者や年配の方のアドバイスから必要なものだけを抽出し、独自の考えや創造性を加え

事実とすり合わせた醸造した考え方をするのです。

 

水瓶座水星の活かし方

上記の醸造された考え方に、10ハウス蠍座海王星22°とのスクエアも加わることで

既存の考え方や事実だけでなく、時に閃きやインスピレーションも加えた考え方で

情報集やコミュニケーションをに利用します。

 

宇宙意識を日常生活に反映させる

未来の可能性を広げて自分を進化させていくためには

意識の次元を上げることが近道ですが、それができる人は少ないです。

 

そこで、ヘリオセントリックチャートの地球と水星サインを

ジオセントリックチャートに反映させることで

太陽エネルギーを日常生活に取り込み、意識の次元を上げていきます。

 

※下記は、上のヘリオセントリックチャートと同じ人のジオセントリックチャートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ジオセントリックチャート>=地球中心意識

 

ヘリオセントリック意識を取り入れる

<山羊座地球VS蟹座太陽>

  • ヘリオセントリック地球:山羊座28°
  •  ジオセントリック太陽:蟹座28°

 

ヘリオセントリック地球サインである山羊座は、均衡感覚に対応しますから

ジオセントリックチャートの山羊座がある11ハウスで、均衡感覚を、月で体現します。

 

11ハウスは 、複数の人が共通の志で繋がる場所

未来社会が「こうなるといいな」というビジョンで

社会改革する場でもあり、市民運動、改革運動、政治活動

未来の希望によって方向性を決める場所

クラブ、サークル、研究会、講習会を意味します。

また、会社という具体的な現場に閉じ込められたくない感覚から

自営業、派遣社員でもあります。

 

まとめると

11ハウスが意味する場所において、意見の相違などから感情に左右されず

「何をやるのが適切なのか」という観点から行動することです。

 

また、山羊座地球のサインである山羊座エネルギーを

太陽蟹座に取り入れることでも、同様の作用が見込めます。

 

蟹座も山羊座も集団社会を意味しますが

山羊座は国家、蟹座は民族であり

山羊座は他人の集まりからなる集団ですから

その中の役割的な視点で物事を捉えますが

蟹座は、同じ民族の集まりとして内側から共感的な視点で物事を見ます。

 

ですが、蟹座は感情が常に細かく揺れ動くため

感情に左右された判断をしがちで、感情を安定させるものが必要になります。

 

そこで、ヘリオ山羊座意識を取り入れることで

自分の活動する枠が明確になるので安定した土台を作って

その中で活動することができます。

 

枠を決めると、安心材料となる社会的地位や安定収入という

確実性が人生に入ってくるため、蟹座太陽が安定的に人生を

築くことに専念できます。

 

また、蟹座は聴覚、山羊座は均衡感覚を表すので

聴覚により目に見えないものをキャッチし

均衡感覚で狭い場所でも安定して立つ姿勢を作ることで

社会的な立場を確保することに利用できます。

 

<水瓶座水星VS蟹座水星>

  • ヘリオセントリック水星:水瓶座26°
  •  ジオセントリック水星:蟹座12°

 

ヘリオセントリックにおける水瓶座は嗅覚に対応しますから

「嘘くさい、何かが臭う」というような物事の真偽を直感的に判断したり

「未来のビジョンの匂い」を敏感に感じ取ります。

 

ジオセントリックチャートで、水瓶座に対応しているのは12ハウスですから

12ハウス的な活動の中で、嗅覚を利用したり、磨いていくのです。

 

12ハウスは、魂が求める心のハウス、インターネット、環境や社会など

目に見えるものに支配されない場所で自分を作り上げるハウスです。

 

また、社会依存から自由になるハウスですから

一人でやるか、志が同じ者が集うグループ、セラピー、芸術、利他のない博愛精神で

行う奉仕、寄付などがあります。

 

まとめると

12ハウスが意味する場所において、自分が気になるような活動を行い

何が自分のツボ(共感や共鳴)にはまったのか

参加した組織に対する印象や感覚を確認していくことで

ヘリオセントリック水瓶座水星が刺激されます。

 

また、ヘリオセントリック水瓶座水星の水瓶座エネルギーを

蟹座水星に取り入れることも同様です。

 

蟹座水星は優れた記憶力で、沢山の知識を吸収し

共感能力を活かしたやりとりで相手の気持ちを理解し

相手から自分を承認させますが

時に知性が感情に負けてしまい、感情的な考え方やコミュニケーションを取ります。

そこで感情に左右されない水瓶座的思考を取り入れるのです。

 

水瓶座は、自分の意思よりも全員の意思を大切にするので

全体にとって最適な意見を集めて総意としてまとめます。

また、分散した様々な情報を集めることで肯定的な意見を生み出しますが

 自分の意思を押し付けません。

 

蟹座水星は、一旦自分の感情を横において、皆の総意を確認しながら

民主義的思考を優先させることで場の空気を読めるように(嗅覚)なります。

 

おしまい

※上記のヘリオセントリック占星術では、一部だけを抜粋して読んでおり

実際は全ての天体を比較しています。

 

※ご自身の生きていく方向性、才能や適職を知りたいという方は

(現在は、スカイプ、ZOOM、メール鑑定のみですが、要相談です)

お申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。