時代を生きるヒント

【風の時代の生き方】に向けて④2022年の魚座木星と牡羊座木星が意味すること⁈

2022年は終わりと始まり

2021年が、まもなく終わろうとする中

明日12/29日に木星が魚座に入ります。

通常、木星は太陽の周りを公転しながら、12星座を1周する

12年サイクル(1つの天体に1年滞在)の天体ですが

2021年~2022年の木星は、通常とは異なる周期

1年の間に魚座と牡羊座を行き来します。

 

これから始まる魚座木星期は

地の時代の古い12年サイクルの終わりを意味し

2022年5月から始まる牡羊座木星期は

風の時代で新しい12サイクルの始まりを意味します。

 

2022年の木星は魚座と牡羊座を往来する

2020年の年末に木星は、水瓶座に移動して土星と重なり

20年に1度起こるグレートコンジャンクションを作り

200年ぶりに風の時代が始まりました。

 

ですが、まだ冥王星が地の時代を象徴する山羊座にいるため

2021年~2022年は、地の時代から風の時代へと切り替わる過渡期であり

冥王星が水瓶座に移動する2023年(本格的には2024年)から

本格的な風の時代に突入します。

 

そんな時代の切り替わる過渡期である2022年に

時代のトレンドを意味する木星が、魚座と牡羊座を行き来するのは

本格的に切り替わる前に、やるべきことをする準備期間と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、2022年に、木星が魚座と牡羊座を行き来する時には

社会や私たちの生活にどんな影響が起こりえるのか読んでいきます。

 

2010年~2011年の魚座・牡羊座木星期を振り返る

木星は、時代のトレンド、未来の可能性を意味し

制限や制約よりも、開放的で拡大思考で大局的な観点から物事を捉え

楽観的で希望にあふれ、寛大で慈善精神を持つ天体で

 

海王星は、境界線を曖昧にし清濁混濁を混ぜてエゴを否定し

慈善と慈悲に溢れるながらも、真実を暴き本質へと向かわせます。

また、ウィルスやガス、原油、宗教、芸術、スピリチュアル的な意味

を持ちます。

 

一方、魚座は12サインの最後の段階であるため

善悪や吉凶という二元的な価値を超え、全てを包括して受け入れていくサインです。

 

これらが重なる2022年には、新しい12年サイクルに向けた社会の在り方を創るための

取捨選択が始まります。

 

どんな出来事が起こるのか、歴史は繰り返しますから

前回の2010年~2011年に起こった魚座・牡羊座木星期の出来事を通して

「何が終わり、何が始まったのか」知ることは

2022年に向けた何らかのヒントが掴めるかもしれません。

 

<2010年~2011年の魚座・牡羊座木星と出来事>

魚座 木星:2010/1/18~ 6/6 ✙ 2010/9/9 ~ 2011/1/23
牡羊座木星:2010/6/6 ~9/9  ✙ 2011/1/24~

 

  • 年金管理のために社会保険庁を廃止し日本年金機構発足
  • 高校の授業料実質無料化
  • 殺人や強盗殺人事件の時効廃止
  • ECがギリシャの財政危機を支援
  • 中国漁船と海上保安部の巡視船が衝突
  • ウィキリークスが米外交当局の機密文書を公表開始
  • アメリカ中間選挙でオバマ民主党大敗
  • アラブの春による民主化運動勃発

 

日本では、年金や高校の授業無償化など、社会福祉的な要素に手が付けられ

ECによるギリシャ支援をきっかけに、イギリスはEC離脱でブレグジッドを行い

アメリカは、中間選挙で民主党大敗から、共和党のトランプ大統領に交代し

その後、米中戦争があからさまに始まりました。

アラブ諸国では、デモにより政権交代が始まりました。

 

2022年の魚座木星で古いサイクルが終わり

2022年5/10日までは、世の中は魚座木星の影響を受けますが

木星と海王星は共に、魚座の共同支配星であることから

地の時代に作られた古いサイクルを終わらせるために

魚座エネルギーが最大源に発揮されることになります。

 

地の時代にできた古い12年サイクルを終えるためには

社会も個人も、自分の本質に合わないものを手放す必要がありますが

そのためには、一旦全てのものを並べて、価値を比較検討するために

要・不要を確認する、真実を見る・知ることから始まるようです。

 

たとえば

2021年は、5/14日~7/28日は、魚座木星のお試し期間でしたが

私たち国民が体験させられたことは

 

コロナ感染者数が増加をたどり、緊急事態宣言が延長される中で

政府からは行動制限や自粛が要請されましたが

その一方でオリンピック開催が始まり、世界から関係者が来日にして交流が始まり

傍若無人に振る舞う政治家や関係者の行動を目にしました。

 

また、豪雨により熱海で大規模な土砂崩れが発生しましたが

その原因は、太陽光パネル設置が大規模な土砂災害を誘発した事実が

明るみに出てきましたが

 

これらの出来事をきっかけに、何が終わり、何が始まるのかは

2022年から数年かけて明らかになってくるでしょうし

私たちも、その奥の真実を知ることになるでしょう。

 

2022年の魚座木星期では、目の前の出来事を通して、何が真実なのか見極め

何を手放すのか判断することになります。

 

2022年4月、魚座で木星と海王星が重なる意味

また、魚座の共同支配星である木星と海王星は

4/8日から 魚座23°で重なり始め

4/12日には23°97(東京で観測)でピタリと重なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚座で木星と海王星が重なると

楽観的で理想主義となりやすく

何事も「過剰さとやりすぎ」が目立ちますが

 

この度数は、自分にとって一番重要なエッセンスを育成する

信念に沿った土台を作るエネルギーであり

手段を問わず、状況を無視しても、沸き上がる強い衝動に従って行動します。

 

具体的には

子供の教育や支援に向けた法案、社会的弱者に対して

行き過ぎた多額の支出を伴う法案が通過しやすくなりますし

 

日本政府の場合は、私たちの税金を

コロナで生活困難者の支援をせずにODAという形で

海外に大判振る舞いする可能性は十分にあるでしょう。

 

また、長雨やゲリラ豪雨による洪水や土砂災害だけでなく

詐欺などの犯罪も増加し、宗教や薬物事件なども起こりやすいです。

 

原油価格の高騰だけでなく

2010年にメキシコ湾で起きた、タンカーによる原油流出事故や

ガス漏れからくる工場爆発など

そこから、被害者救済に向けたチャリティー活動も起こるでしょう。

 

コロナ禍に関しては

オミクロンだけでなく新しい変異株が出現したり

感染症の流行は続きそうです。

 

2022年の牡羊座木星で新しいサイクルが始まる

2022年5/11日からは、木星が牡羊座に入ることで

新しい12サイクルに向けた試みが始まります。

 

牡羊座は開拓者であり、どんな犠牲を払ってでも

勝利を勝ち取ることを使命としますから

共感や同情、救済という言葉は存在しません。

 

2022年前半の魚座木星期の雰囲気である

弱者救済や慈悲、みんなのためという利他的な法案や活動は一旦停滞し

世の中は、自己主張や攻撃性、競争するような方向へと切り替わっていきます。

 

10月に木星が魚座に戻り、2021年夏からの総仕上げの時期を迎え

12月からは、本格的に新しい12サイクルが始まりますが

 

2024年には、冥王星が水瓶座的に

2025年3月には、天王星が双子座に入る

本格的に風の時代に向けた、12サイクルの始まりです。

 

ですが通常、魚座から牡羊座への移動では

対立から紛争や軍事衝突、攻撃から戦争などのリスクが起こりやすく

 

アメリカやヨーロッパで起こっているような

政府と市民によるワクチン接種の有無による対立が激化し

社会平和や個人の安全のための戦いが、世界的で起こるかもしれません。

 

2022年5月末、牡羊座木星が火星と重なる意味

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5/29日には、牡羊座の支配星である火星が木星と、牡羊座3°32で重なるため

慈悲や集団意識に向けた利他的な意識が切り替わり

このあたりから、牡羊座木星が勢いづいてきます。

 

社会では、新しい分野のビジネスが始まったり

一過性のブームが瞬く間に広がります。

スポーツや様々な分野で、新記録達成を狙うような活動が活発になります。

 

家族や自分の居場所、自分のルーツを守るために戦うこともあります。

また、火事や干ばつによる農作物被害が発生しやすいです。

 

 

2022年の個人の過ごし方

2022年のホロスコープでは

魚座木星、牡羊座木星に関わらず

魚座海王星は、山羊座冥王星と牡牛座ドラゴンヘッドによる

小三角形を作っています。(緑の丸と線)

 

何らかの技術や情報を通して「嘘を暴き、真実を明らかにする」ことで

多くの国民の価値観を激変させようとしています。

 

風の時代の始まりに関わってきた木星が

新しい12年サイクルを築く前に、海王星と重なるということは

 

多くの人に、宿命である真実の道を歩ませるために

善悪、清濁を併せた世界を経験させて

不要な価値観を手放してから、新しいサイクルを始めるための

計らいです。

 

ですから、人によっては、幻滅させられ、夢から覚めるような体験や

いつまでも先が見えない不安に襲われることもあるかもしれませんが

自分を拘束していたものを手放す時です。

 

200年続いた地の時代では、安全に生き残るために

誰もが会社や組織に属して、我慢を強いられながら

社会の常識や価値観に無自覚なまでに従って生きていく

必要がありましたが

風の時代に変われば、これらの社会システムは風化していきます。

 

あなたは、2022年は何を手放して、新しいサイクルを始めるのでしょうか?

 

おしまい

 

自分の才能、適性、適職、ターニングポイント、生き方を

お知りたい人はこちらからご相談くださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。