天体を通して時代を生きるヒントを知る

風の時代に向けて、12月は柔軟サインのグランドクロスの流れに乗っておく

柔軟サインのグランドクロスに翻弄されては勿体ない

現在、天空では双子座と射手座からなるドラゴンヘッドとテール軸と

魚座海王星、乙女座ベスタからなる柔軟サインのグランドクロスができています。

 

(詳しくは下記↓のサイトを参考にしてください)

2020年12月後半に起こる日蝕、冬至、水瓶座グレコンで世界の大転換期が始まる

 

また、射手座太陽も12/16あたりまでグランドクロスに巻き込まれますから

物事は、自分が思うようには進みません。

 

誰かの勘違いや不備、物忘れ、気分によって巻き込まれ

予め予定していたことは、予定どおりに進みづらい状況が続きます。

 

私の先週末も

宅急便の引き取りを忘れられたり、留守電に残しても業者からの電話の折り返しはなく

時間がつかめず、前から予約していた予定は変更となり

翌日は、予約していたスタジオが、担当者の日付け勘違いでダブルブッキングされて

予定時間よりも、2時間遅れで使用できたのでした。

 

このように、自分に不備はなくても

他人や状況に巻き込まれやすいのが、柔軟サインのグランドクロスの典型的な事例です。

 

自分の思い通りにならないことに、怒り、ストレスを溜めて終わりでは

時代の変わり目を体験している中では、勿体ないです。

 

こういう時は、エネルギーが大きく動くので

次の時代にうまく乗るための仕掛けを作っておく、種まきをしておくとよいでしょう。

 

他人任せよりも、自分から積極的に流れに乗ったほうが、ストレス少なく

風の時代に向けて、スムーズに適応できるようになります。

 

柔軟サインのグランドクロスを活かして波に乗る

生きるとは、限られた時間の中で、無意識と意識からなる日常生活のセットで

作られています。

 

ですが、意識していることを繰り返しても

現状維持で終わり、状況はやがて衰退しても、進展してはいきません。

 

柔軟サインのグランドクロスの活かし方は

状況に流され翻弄されながらも、その流れに便乗して

自分で何か新しいこと、楽しい取り組みを加えていくことです。

 

自分の意思で判断したり、決意して、行動することで状況は変わってきます。

これらをどんどん試していき、次につながる種を仕込んでいくのです。

 

そこから、うまくいったものを積み重ね、点と点を線へとつないでいくことで

何かが定着してきて、新しい価値観を作り出します。

 

この時期は、どんどん次の種を咲かせるために

転がり続けると良いでしょう。

 

新しい取り組みのために行動する動機となるのは、次の通りです。

・自分が前から準備していること
・やってみたいこと
・こうなりたい希望や願望

 

風の時代は喜びと個性を活かして生きる

日ごろから、頑張り屋さんや真面目な人は

これまで、人よりもたくさんの努力をされてきたと思いますが

その思いがどれだけ報われたのでしょうか?

努力の方向性は間違ってなかったのでしょうか?

 

頑張ることは素晴らしいことですが、結果を伴わない、報われなかったケースは

頑張って終わりとなり、現実は変わりません。

 

風の時代の頑張り方は

努力だけでなく、自分が楽しくなる仕組みをプラスすることで

結果は変わってきます。

 

何より、頑張る自分が楽しめているはずですから、そこから前進して

新しい未来が開けてきます。

 

また、これまで生きづらい状況にいた人が

生きていてよかったと思い、幸せに生きていくためには

自分自身にとって本当に意味のあること、価値のあることに

楽しみながら取り組むことです。

 

幸せや楽しみというのは、永久に続く固定されたものでなく

その時に感じるものですから

日ごろから、自分にとって楽しい事や楽しめる条件を見出せるようになっていると

自己否定よりも自己肯定感が高まります。

 

誰もがゴールや目標を目指して頑張り達成しても、その状況はやがて消えていきます。

ですから、自分にとって楽しいことや新しいことを、常に追いかけ

自分が楽しみ、達成感を得られる仕組みを作り続けていかないと

状況は良い方向へは流れていかず、運も上がりません。

 

運が良いという人は、必ずその仕組みを作り続けている人と言えます。

これからは、できるだけ新しいこと、楽しいことを自分に課すつもりで

流に乗ってください。

 

風の時代の仕事と働き方

現在、200年続いた地の時代から風の時代への移行中ですから

時代の流れに合わない人、エネルギー的に環境に適応できないものは

時代、企業、職種、人によって淘汰されたり、はじき出されています。

 

会社が悪い、政府が悪い、あの人が悪いと犯人捜しをしているだけでは

時間の無駄となり淘汰されてしまいますから

積極的に自分ができることからやっていくしかありません。

 

生き方の方向性は非常に大切です。

これまでと同じ方法や方向を目指しているだけでは、上手くいかないです。

 

風の時代は、人の動きは流動的になりやすく、方向性は変わりやすく

そのトレンドを見極めていくことが大切です。

 

仕事は、時代の大きなトレンドに乗ると大きく飛躍できますが

そのベースとなるのは、これまで積み上げてきた経験や実績であり

そこに時代意識を取り入れていくことです。

 

風の時代の仕事は、個人がやりたいアイデアを実行することで稼げる時代ですから

自分が築きあげてきた経験や実績に才能と性格、社会的に貢献できることや役割

を合わせて、自分の個性が最も発揮できる仕事をすることです。

 

また、人によっては、仕事は1つとは限りません。

 

仕事の本質は、誰かが必要ようとするサービスやモノを提供することで

対価としてお金を頂戴しますから

他人の役に立ち、社会貢献ができて、自分も楽しいというものがベストです。

 

風の時代が始まるにつれて、キャッシュレス、ペーパーレスだけでなく

AI によるシステム化が日常的になります。

 

仕事を単なる生活費を稼ぐものだけにしてしまうと、自分が 辛くなるだけです。

 

そんな中で、機械ではなく、人にしかできない働き方とは

AIを使いこなして管理しながら、人間が持つ高いコミュニケーション能力と共感力を

発揮しながら創造的に働くことです。

 

風の時代の金銭感覚と守り方

大企業でさえも、そのビジネスモデルが時代に合わなくなると淘汰されていきますから

風の時代は、会社のブランドや役職、地位にしがみついていてはダメです。

企業で働きながらも、個人事業主の感覚で外部にも活路を作り

複数の企業から仕事を委託して稼ぐ時代となります。

 

個人にとっては、会社だけに頼らない、経済的自立が一番の危機管理となります。

 

金融業界は再編が始まり、個人のお金も連動してきます。

スマートシティ法案が成立して、日本でも監視社会が進んできますから

社会的信用度が低い職業に就いていたり、銀行口座残高が極端に少ないと

資金の引き出しや振り込みに支障がでてくるかもしれません。

 

激動の時代は、知識を得て、準備した人だけがチャンスを掴めますから

今のうちから、お金に関して、貯める、自分に投資する、運用するなど

お金の勉強をしておくと良いでしょう。

 

日本は、人前でお金の話をするのはタブーとされてきたので

日本人のお金に関する知識は乏しく、銀行、証券、株式アナリストなど

金融のプロと呼ばれる人の言うことや、金融ニュースを鵜呑みにする傾向が高いです。

 

ですが、その人達は自分のお金で運用している人ではありません。

彼らは、企業の代弁者でしかないのです。

 

ですから、これからは、お金を稼ぐだけ、貯めるだけでなく

正しく管理、運用、投資する勉強も必要になるでしょう。

 

いよいよ、新時代の幕開けが始まります。

どんどん、自分に新しいこと、楽しいことを課して準備しましょう!

ついでに、断捨離も忘れずに!

おしまい

 

※水瓶座の土星と木星が、ご自身にどんな影響があるのか知りたいという方は

下記よりご連絡をお願いいたします。

下記のEmailか、お申込みからご予約をお待ちしております。

(現在は、スカイプ、ZOOMのみです)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/

(お申込みはこちらから↑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。