世の中の出来事

2021年、コロナ禍で混沌とした社会の中で私たちは何に気づくのか?

2021年、新しい社会の枠組みを形成する時期に突入

2020年12月、水瓶座で土星と木星が重なるグレートコンジャンクションが起こり

風の時代が始まったことで、世の中ががらりと変わると期待していた人も多いと思います。

 

ですが、グレートコンジャンクションから1ケ月が過ぎても

アメリカは大統領選の結果で揉め

日本国内は、コロナ禍の感染者が昨年よりも増加した結果

医師会は医療崩壊と叫び、首都圏の知事は対応を政府に丸投げし

マスコミは、感染者数を伝えるニュースで恐怖を煽り

政府は、ビジネス関連のアジア圏からの入国を止めぬまま

2度目の緊急事態宣言を出して日本人に行動制限をつけ

飲食店を潰すような愚策を行うだけです。

 

このような状況から

自由と平等、社会主義どころか、二極化が加速して

「世の中が混沌としているじゃないか!どうなっているの?」

と思っている人も多いでしょう。

 

それは、意識や視点が一元的な価値感(地の時代の価値観)で

世の中をみているからです。

 

今、社会で起こっていることは

水瓶座で木星と土星によるグレートコンジャンクションが開始されたことで

新時代に向けた、発展を遂げるための社会の枠組み作りが始まっただけです。

 

コロナ禍や大雪を通して、機能しない古い体制や価値観を炙り出し

強制的に終了させる模索状態が始まった下で

山羊座冥王星による地の時代の価値感を持つ

政治家や大企業が抵抗して、権威主義的な一元管理をしているから

混乱しているだけです。

 

山羊座社会で出来上がった組織や共同体、政府や政治家が

これまでのやり方で表面的に維持(コロナを鎮圧してオリンピックを開催)しようとしても

時代に合わない考え方とやり方ですから、機能していないのがよくわかります。

 

200年間続いた地の時代の価値観は

お金や豊かさ、権力を持つことが幸福であるという価値であり

全ては、一元的な世界に集約されてきました。

 

ですが、風の時代の社会というのは、 多次元が同時に存在する世界なので

選択も多様性が認められます。

 

今、私たちが経験させられていることは

次の社会へと移行に向けた、コロナ禍を媒体とした

価値感を一元的なものから、多様性へとシフトさせることです。

 

ですから

緊急事態宣言の中、政府、都県知事、会社から厳しく制限をつけられ

全てのマスコミが煽るようにコロナ感染者数を報じるような状況下で

皆が行動制限されているから仕方ないと諦め

報道されるニュースを鵜呑みにする、ステレオタイプ的な思考のままで

社会や政府に新しいものを期待しても無駄ということです。

 

今、世界中で起こっている混乱は

風の時代の社会の始まりであり、多次元的な社会が始まる過渡期ですから

世の中で起こっている真実と闇の部分に目を向けて

時流をみながら、自分は何を信じ、どう生きていくのか考える

フェーズに入っただけです。

 

このような無政府状態は、2025年前後まで続きますから

自分の生き方を探しておく必要があります。

 

日本は、海外の後追いですから、まずはアメリカで起こる出来事を

観ておくと、参考になるでしょう。

 

アメリカにみる多様性社会の始まり

風の時代の国や社会の在り方を模索中なのが、今のアメリカで

大統領選を通して、未来の国の在り方ともいうべき雛形が

出来上がろうとしています。

 

現在、日本のニュースでは、 バイデン氏がアメリカ次期大統領に決定して

1/20に就任式が行われる予定と報道されています。

 

その一方で、トランプ大統領の支持者は8000万人おり

フェイスブック、ツイッター、アマゾンといったビッグテックにより締め出されていますが

彼は軍の行使権を掌握し、新政党を作り、彼の支持団体や企業は

存在する州から引っ越しを始めています。

 

これからアメリカは、バイデン政権(左派)とトランプ氏による新しい政党?州?が出来上がり

2つの価値が共存していく、多様化社会(国)になる可能性がでてきています。

 

水瓶座社会は、同じ志や信念を持つ者同士が作るコミュニティや社会ですから

1国に、2つの政権、多様な価値感からできあがる国家ができても

不思議ではありません。

 

アメリカの雛形は、ヨーロッパにも波及していき

やがて、日本にもやってくることでしょう。

 

2025年の新時代に向けたスケジュール

2021年は、コロナ禍の延長戦の中、世界が混沌とした状態にありますが

これはいつまで続くのでしょうか?

ワクチンが世界にいきわたれば解決するのでしょうか?

 

スペイン風邪は、集団免疫が出来上がり鎮圧まで3年かかっていますから

2023年あたりには、目途が立つかもしれません。

 

2023年3月に 冥王星が水瓶座に入り、2024年11月に完全に移動します。

また、2025年3月に海王星が牡羊座に入り、7月には天王星が双子座に入りますから

2025年には、風の社会の在り方が明確になった新社会が始まるでしょう。

 

ですが、新社会誕生前の2023年~2024年には

地の時代の集大成である山羊座冥王星が

残存している地の時代のパターンを破壊して再生させていきます。

 

冥王星は、0か100の天体ですから、容赦なく徹底的に破壊するため

山羊座の象徴である金融リセット、既存の資本主義社会を破壊する可能性があります。

 

そのため、現状の混沌とした世の中を嘆いたり、諦めたりしている暇はなく

冥王星リセットで起こる地の時代の淘汰で、生き残るための備えとして

今から、一元的な価値観を手放し、多様化時代に向けて生活していけるように

人生プランを立てておくことが、将来の保険となるでしょう。

 

仕事や会社との関わり方だけでなく、私生活の在り方、家族構成、所有物などを含めた

人生プランを考えておくと良いです。

 

何処に住んで、どのように生きていく(生活の糧)は、どうするのかなど、、

 

新社会に向けて、多様性を認めることから始めよう

200年間引き継がれてきた地の時代の価値観を、風の時代のものへと

シフトさせるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

地の時代の働き方をしている人は、その働き方は自分にとって

意味あるものなのか、見直しから始めましょう。

 

会社や組織のために個性や家庭を犠牲にして

自分一人で仕事と家庭の両立させたり、業務の背負いすぎなど

感情や性を無視して働いていると

病気になったり、女性性が傷ついてきます。

 

また、自分の個性やリズムを無視して、世間の基準に合わせて

「ちゃんと生きないと」という基準だけで生きていると

心に分裂や葛藤が生まれた挙句、人格が崩壊し

心身に支障をきたして再起不能となり、社会生活が出来なくなります。

 

風の時代の社会は、皆が一つの基準や価値観に収まる必要がなく

選択の多様性が認められるため

「人は人、自分は自分」と言う感覚がとても大事になります。

 

また、意識や波動の世界でもありますから

縁や未来ヴィジョンが主体として働くので

自分の望む、生きたい世界を引き寄せやすくなります。

 

ですから、自分の望む世界がどんなものか「心と基準」を決めないと

行きたい世界には到達できなくなります。

 

行きたい世界や基準をイメージしたあと、具体的に行動して

物質的な領域を探して参加することで

自然と自分を助けてくれたり、協力関係が築ける環境や仲間に辿りつきます。

 

同じ志や理想を持つ者同士が共鳴しあい、グループや共同体が

出来上がります。

 

たとえば

地方や人里離れた場所に、移住者による村ができたり

SNSやオンラインサロン、スカイプやZOOMという仮想空間だけでつながる

共同体が、一緒にプロジェクトをやることもあるでしょう。

 

今、やっておきたいことは

一つの枠や価値観だけで、物事を見ない意識づけから始めましょう。

 

おしまい

 

※ご自身の生きていく方向性、意識の方向付けを知りたいという方は

ヘリオセントリックリーディングを利用すると良いです。

そこに、地球での生き方であるジオセントリックチャートで行動すると

未来ヴィジョンが明確になります。

https://fortune-teller-fumiko.com/astrology/

 

ご興味があれば、下記よりご連絡をお願いいたします。

下記のEmailか、お申込みからご予約をお待ちしております。

(現在は、スカイプ、ZOOM、メール鑑定のみです)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/
(お申込みはこちらから↑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。