占星術で世の中の出来事を読み解く

風の時代を有利に生きるために水星逆行中にやっておきたいこと

政治や社会の混乱は意識改革を促す

コロナ禍が拡大する中、1/8~2/7まで11都府県で始まったの緊急事態宣言が

3/7まで延長する方向で調整する中、耳を疑うような政治家の不祥事が加速しています。

 

自粛要請によって、制限下にいる国民には十分な補償をせず

ニュースは、コロナ感染者数とワクチン接種の話ばかりを報道し

国民を摂取へと誘導するけれど、その副作用にはふれず

国会で審議中のコロナ禍に関わる特措法改正案については

何がどう変わるのか説明のないまま進められています。

 

コロナ禍の中で、日々起きる出来事を見ていると

いかに、政治家が国民を後回しにして、国益を損ない

マスコミが役立たずで、日本社会が時代錯誤のまま

理不尽で、不公平かということを嫌と言うほど知らされます。

 

それでも私たちは、生命の危機を避けて、生きていかなければなりません。

 

この混乱期は、意識と生活を新時代へと刷新させる移行期間ですから

自分の本音や本質に気付き 、できるだけシンプルで快適な生活へとシフトできるように

準備しておくと良いでしょう。

 

そんな中、風の時代が始まって最初の水星逆行が1/30から始まりますから

自粛要請による不便さと監視社会の中にいる今こそ

「自分の本音や本質」について、考える期間といえるでしょう。

 

自粛生活の中で、自分にとって必要不可欠なものや本当にしたいことに気付いてた人は

風の時代に対応した意識へとシフトを始めています。

 

2021年水星逆行期間とテーマ

水星は、1年に3回逆行を行いますが、風の時代へと移行期であった

2020年の3回の水星逆行では、1回目と3回目が

水のエレメントで始まり、風のエレメントで終わっていました。

 

2020年の水星逆行テーマは

切羽詰まり 冷静さを失い感情的な視点から

冷静で客観的な視点で考えて対処することでした。

 

風の時代に入った2021年の水星逆行は、3回とも風のエレメントで始まり終わりますから

逆行テーマは、冷静な視点で考えて意思決定するために、行動パターンを変えることです。

 

<2021年水星逆行スケジュール>

  • 1回目:1月30日 ~   2月20日→水瓶座26°~11°
  • 2回目:5月29日 ~  6月22日→双子座24°~16°
  • 3回目:9月28日 ~10月18日→天秤座25°~10°

 

3回とも風のエレメントで始まり、終わるということは

それだけ、世の中を「冷静に見ないといけないフェーズ」に入っているのかも

しれません。

 

水星逆行期間は、人々は頻繁に考えを変更しがちで

世の中的にはシステムトラブル、交通遅延、マーケットの急変などが

予想されますから

逆行初日前後、終了前後の日程は、トラブルが発生しやすいです。

 

風の時代に入って、世界中が混乱する中で

「どう生きていけばよいのか」わからない人は

自分が何をしたいのか、本音や核(本質)となる自身の内面に

思い巡らせることから始めるとよいでしょう。

 

風の時代に向けた価値観の刷新は始まっている

200年続いた地の時代では、生き残るために集団を作り、増やすことで安全を確保してきました。

そのため、学歴や、家柄、大企業という肩書、権威、権力に依存して生きることが

個人の内面や個性よりも安心で安全な生き方でした。

 

ですが、今の政治や社会制度が現状に機能していないのと同じように

地の時代に出来上がってきたものは、やがて形を変えて残るか、消滅していきます。

 

社会で当然とされてきた常識や制度、因襲されてきたこと

国や企業、組織という集団の意向、世間の価値感、当然のことと信じられてきたものは

風の時代に適応する新しい価値を創りだすために、既存の価値は刷新され

再構築が起こり、徐々に解体されていくからです。

 

自分を守ってくれる社会的地位や肩書きは、会社がなくなると一瞬で消えるように

自分自身よりも、自分の所有物、外側に価値を見出している人は

所属という大きな居場所がなくなると、喪失感だけが残るでしょう。

 

これからは、答えが一つしかない価値観に固執することは、もはや安全ではありません。

 

風の時代は、自由になることが求められます。

新しい価値観を芽生えさせるために、弱いつながりや偽りの結びつきを

バラバラに解体し、役に立たない不要なものを淘汰するので

自分にとって関連性があり、必要なものしか残りません。

 

また、人間関係は希薄になりやすく、繋がりが弱い関係性は終わりますから

自分にとって「必要とするもの、価値を感じられるものは何か」を意識して

自分のあり方、信念や核となるものを持たなければ居場所を失います。

 

会社という集団の意向に従い、ニュースを鵜呑みにし

自分で考えることを放棄している人

自分の本質を見ようとしない人

人からの承認や同意を求める依存体質の人は

寂しがり、メンタルを病むかもしれません。

 

不確かな風の時代で、唯一あなたを守り、進むべき道を照らしてくれるのは

自分自身の信念や本音、本質だけです。

 

風の時代に対応して、有利に生きていくためには

水瓶座の水星逆行期で、自分の核となる本音や本質を明らかにしながら

水瓶座という風の時代の空気感に馴染んでおく必要があります。

 

自分の核「これが私」という揺らがない本質の作り方

人は自分の核となる本質から離れるほど、疲れるだけで前には進めません。

 

ですから、水星逆行期で世の中が一時的に停滞している期間こそ

自分の核となる本質を理解しておくと良いでしょう。

 

本質のベースとなるのは

空気が読めないと言われる、牡牛座や獅子座の性質のように

空気を読まない主観的な強さ

どこにいようと自分のスタイルを貫く頑固さと譲れないもの

をベースとした「これが私」という核となるものです。

 

他人がどう言おうと、状況がどうあろうとも揺るぎない「これが私」

がないと、混沌とした状況に飲み込まれ、冷静な決断ができなくなります。

 

自分の核となる本質の探し方としては

太陽星座や火地風水の気質的要素の多さによって

人それぞれ、心が反応するものは異なりますが

傾向としては下記になります。

 

蟹座・蠍座・魚座で水のエレメントが多い人は、自分が信じられるもの

牡牛座・乙女座・山羊座で地のエレメントが多い人は、具体的な目標

双子座・天秤座・水瓶座で風のエレメントが多い人は、道理に叶うもの

牡羊座・獅子座・射手座で火のエレメントが多い人は、情熱の矛先

 

これからの時代、変化を乗り越えるのは最終的には自分の力しかありません。

他人からの同情、承認、許可ではなく、自分で自分を癒し乗り越える力が必要です。

 

水星逆行から水瓶座新月までに自分を明らかにする

人は社会生活を送る以上は、必ず人や何かに巻き込まれて内面が混乱することがあり

突然、壊れたり、生命を維持できなくなる「魔が差す」危険もありますから

時代がどう変わろうと、自分にとって最善なものを選択し続けるしか

生き残る道はありません。

 

できるだけ嫌なこと、不快と感じるものは遠ざけて、無理せず

自分が良いと感じられるもの、楽しいと思えるものに焦点を当てていくことが

大切ですが、自分の本質がどこにあるのかを意識しているだけで

持ちこたえることが出来るものです。

 

そこで、水瓶座で始まる水星逆行期と水瓶座新月を利用して

自分の核となる本質を明らかにする、スケジューリングを立てておくと良いでしょう。

 

<ステップ1:水瓶座水星逆行期>

1月31日~2月21日の水星逆行期間で、自分の本質を自覚して

世間の常識に惑わされず、自分のスタイルを見詰め直します。

 

具体的にどう組み立てていくのか、トライアンドエラーを繰り返しますが

自分がどんな行動をした時に、内面が変わるかという

経験値をストックしておくと、気分や運気が下がった時に

長く停滞することが少なくなります。

 

たとえば、

私は、何か嫌なことが一つあると、芋づる式にマイナスなことを想定しがちですから

自分で自分にポジティブな言葉を掛けるようにしています。

また、エアロビクスやキックボクシングで

インストラクターと共に踊ることで、無の状態に入るので

汗と共に「陰の気」を流して、停滞した気分を上げるようにしています。

 

要は、嫌なこと、好きなこと、停滞の乗り越え方を意識して

「これが私」を作りました。

 

 

<ステップ2:水瓶座新月>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/12の水瓶座新月を通して、「これが私」という信念をもとに

具体的な内容を行動に組み入れながら、自分の可能性を拡大していきます。

 

今回の水瓶座新月のホロスコープを読むと

見事に水瓶座で6天体が居座って、牡牛座から挑発されており

世の中的に、風と地の価値観によるせめぎ合いが続いている感じです。

 

水瓶座23度の新月は

サビアンシンボル24°「情熱に背を向け自分の経験により教えている男」で

社会で起きている出来事や喧噪から一歩離れた所で、冷静に物事を見ながら

その背後にある普遍的思想を考えます。

 

その新月は、牡牛座リリス、火星とはスクエアのハードアスペクトですから

知りたくないこと、上流階級や特権階級による思惑によるトラブルに

日本や国民が巻き込まれる可能性があるかもしれません。

 

また、水瓶座土星、木星、金星、水星には、牡牛座天王星が

スクエアでハードアスペクトですから

社会インフラ、秩序、法律、株価が急に変更するよう可能性あります。

 

ですから、冷静に物事を見なければならないのでしょう!

 

世の中は、異なる価値感のせめぎ合いにより益々混沌としていきそうですが

私たちは、冷静に一歩引いて物事を見ながら、自分にとっての本質をベースに

これまでとは異なる行動やアプローチを試みるとよいかもしれません。

 

おしまい

 

ご自身の適職、核となる本質、この先の方向性など知りたい方は

下記よりご連絡をお願いいたします。

下記のEmailか、お申込みからご予約をお待ちしております。

 

(現在は、スカイプ、ZOOM、メール鑑定のみですが要相談です)
E-mail: kaiun596@gmail.com

https://fortune-teller-fumiko.com/request/
(お申込みはこちらから↑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。